ポケモンGO専用品が充実してきたよ!




社会現象になりつつある「ポケモンGO」
筆者はポケモン世代ではないので、ピカチュウの名前しか知りません。
日本で配信開始される前でもやたら報道されてました。
事件・事故と悪いイメージばかり先行してました。
日本で配信されたら同じ様な事が起きると想定されてました。
7月22日についに日本でも配信されてまたたく間にブームになり、同時に心配されていた事件・事故のニュースが毎日ニュースになっています。
悪いニュースばかりでは無いんですよ!
「ポケモンGO」のおかげで自閉症の子供が外に出る様になったという例もあるそうです。
ようは使い方次第で良くも悪くもなるってことですね。
(ポケモンGO 米では「自閉症の息子がハイタッチ」産経新聞 7月23日)

ポケモンGOとは何?

 

簡単に説明すると位置情報を使ったゲーム「位置ゲー」です。公式サイトの説明になりますが

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。

このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。
ポケモンGO公式サイト

 

筆者も配信開始直後にダウンロードしてやってみましたが、現実世界とリンク(これがARと呼ばれる)させられるっていうのが一つの魅力なんじゃないかと思いますね。
ポケモンGOは基本的に無料でダウンロードして遊ぶ事が出来ます!
進行を有利に進めるには課金してアイテムを購入することでゲームを有利に進む事が出来るのも魅力なんじゃないでしょうか。
捕まえたポケモンは図鑑に収集されます。この図鑑システムもコレクターには堪らない要素でしょう。
関連:ポケモンGOで図鑑コンプした強者現る!

実際に街中を移動しながらポケモンを探しゲットするのは、まさに自分がポケモントレーナーになった気分が味わえます。外出して歩かなければならないポケモンGOは、ゲームばかりして外に出ないという批判に応えたとも言えるんじゃないでしょうか。

ポケモンGO配信直後にスマホが対応してないからゲームが出来ないという声もありました。
更にスマホじゃない所謂ガラケーユーザーには関係ない話題かもしれません。
でも、これだけ連日話題になると気になるじゃないですか?!

そんな悩みを持つ人に朗報です!

ポケモンGO専用スマホレンタルサービス

ポケモンに飽きたら返却出来るみたいですね!
やたらバッテリの消費が激しいのでモバイルバッテリも付いてるのもお得!!

ポケモンGOは位置ゲーと前ほどに書きました。
位置ゲーというと、筆者は車好きなので「ハイタッチドライブ」が浮かびました。

ハイタッチドライブ(以降ハイドラで)もGPSを利用した位置情報アプリです。実際やった事あるんですが、どうしてもバッテリの消費が激しくて現在は使っていません。
自分の居てる場所も解ってしまうので(ハイドラのアプリを立ち上げている人には丸分かり!)
合成

画像元:http://minkara.carview.co.jp/event/2012/hitouchdrive/vol2/

プライバシー的にも使うのを躊躇してしまいます。これは筆者が気にし過ぎな点もありますが・・・。
このアプリも良く使えば良いこともあります!(集まり等の目印に)逆に悪く使えば犯罪にも発展しますね。
サービス開始当初は自宅がバレてしまう!という問題がありましたが、直ぐに対策されたのでこの点は心配ありません!(プライバシーエリアを設定する事により自宅特定されにくくなった。)

 

ハイタッチドライブはこちら

 

ハイドラはほぼ画面操作しなくても良いです。それでもまだまだ問題はあるみたいですが。
ハイドラはアプリさえ立ち上げてしまえば操作は必要ありません。
ポケモンGOの場合はポケモンと遭遇すればボールを投げなくてはいけなくなったりポケモンが近くにいると画面にタッチして捕獲に移行しなければいけないのでながらスマホの危険性が問題となっているんですね!
ポケモンが近くにいるのはバイブで知らせてはくれますが、常に振動を感じれる環境じゃないといけません!事故の大半の原因はコレにあります!

そんなながらスマホ対策にと配信直後に噂になっていたアイテムが

「ポケモンGO Plus」です!ポケモンGo Plus公式サイト
ポケモンGOPlus

Bluetoothでスマートフォンと接続

ポケモンGo Plusは、Bluetoothを使ってスマートフォンと接続する。
Bluetoothとはざっくりいうと、無線接続。接続も簡単に出来ます。
スマートフォンが待機状態になっても接続は切れないとのこと。
ただでさえ、バッテリの消費が激しいので嬉しい機能ですね!

画面を見てなくてもポケモンゲットだぜ!

ポケモン反応があると、ポケモンGo Plusが振動して知らせてくれますよ♪ここでポケモンGo Plusの上のボタンを押すことによりポケモンをゲット出来ることもあるそう。恐らく100%ではないのでしょう・・・。ポケモンが捕まえられたかどうかは、ランプと振動のパターンで知らせてくれるとのこと。

画面を見ずに「ポケストップ」のアイテムを手に入れる

ポケストップとは・・・ポケストップについて

「ポケストップ」の近くを通るときも、ポケモンが現れたときとは違うランプの色と振動パターンで教えてくれます。この状態で「ポケモン GO Plus」のボタンを押すと、自動的に、
「ポケストップ」から道具を手に入れることができます。
スマホが待機状態の時に「ポケモンGo Plus」で行ったことはぼうけんノートに記録されます。どのポケモンを何匹捕まえて、どのポケモンに逃げられてしまったか、どんな道具を手に入れたのかなどの情報を、記録します。

今まで画面に集中して危険行為だと言われていたことが全て改善されますね!

発売時期・価格は

価格は3500円(税抜) 発売時期は当初7月下旬とされていましたが、公式サイトでもアナウンスされてるように9月に延期になりました。
ポケモンGO Plus公式サイト

 

まとめ

ポケモンGOが世に出る前からながらスマホ・歩きスマホの危険性は指摘されてきました!
調べていると開発者の増田氏の公式ブログに批判的なコメントも見られました!
増田順一氏の公式LINEブログ

筆者もアメリカでのポケモンGOでの問題を知った時からこれは日本にきたら大変な問題になると思ってました!事故も起きると思っていましたし、盗撮の言い訳にも使われるんじゃないかとも思ってます。実際に似たようなことで傷害事件も発生してますし!

ポケモンGO事態はすばらしいゲームだと思ってます!
遊ばれる方はこういった社会問題になっていることを充分理解して遊ぶ様にしましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください