朝ドラひよっこネタバレ第22週秀俊が出かけた先を白状する?第130話のあらすじと感想




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

朝の連続テレビ小説ひよっこ第22週2017年8月28日(月)~9月2日(土)「ツイッギーを探せ」

前日の放送はこちらから

朝ドラひよっこネタバレ第22週時子が三男に告白?第129話のあらすじと感想

2017.08.30

※ネタバレを含みますので知りたくない方はお控えください。

2017年8月31日(木)第130話

みね子(有村架純)は、毎月給料が出るたびにすずふり亭で食事することを続けていたが、ついにハンバーグまでたどり着いた。秀俊(磯村勇斗)は元治(やついいちろう)から休みをとった理由をしつこく聞かれるが、「男の約束だから」と口を割らない。一方、由香(島崎遥香)は柏木堂で働き始める。鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)に見つけてほしいようだが、柏木(三宅裕司)親子には「自分がいることは秘密」と念を押す。引用:Yahooテレビ

奥茨木村では実が畑仕事に精を出しています。

一方、東京のすずふり亭では、みね子は毎月の給料日に前の月よりも少しだけ高いメニューを注文することをすずふり亭で働くようになってからも続けてきたみね子は、遂にハンバーグまで辿り着く事が出来ました。実が奥茨木村に戻った事で、家への仕送り額を減らす事が出来たのです。
鈴子「ようやくハンバーグまできたね、みね子の月に一度の注文も」
みね子「はい…いがったです」
みね子は前に鈴子に自分は東京に来て特に何かしたい訳じゃないから、頑張って働いて少しずつ良い物食べていくと語っていました。
みね子「あの~鈴子さん、お母ちゃんから手紙が来て、今月からちっと仕送り減らしなさいと言ってくれて、何かお父ちゃん色々頑張ってくれてっからって言ってくれたんですよ」
みね子は本当に仕送りを減らしても良いもんだろうかと鈴子に相談します。
鈴子「そうしなさい。その方がお父さんもお母さんも嬉しいんだと思うよ。いがったね~」
みね子「はい。いがったです」
そこへ、注文したハンバーグが運ばれてきました。
ハンバーグを一口食べるみね子
みね子「う~ん、うめ~な~」と感動
省吾「だろ~?」
みね子は230円を支払いご馳走様でしたと鈴子にお礼を言いました。

鈴子に頼んでまで店の休みをもらった秀俊が何処に行ったのかが元治は気になって仕方ありませんでした。元治のしつこい質問攻めにあった秀俊でしたが、「男と男の約束」という事を理由に秀俊は自分が行った場所を決して話しませんでした。
元治「で?秀、で?いやだから何処だよ何処行ったんだよ」
秀俊「またその話ですか?」
みね子「ん?何ですか?」
元治「ほら、ちょっと前さ、急に秀が休みとっただろ。何処に行ったか教えないんだよこいつ。おかしいだろ」
秀俊「おかしくないですよ。秘密だって言ってんじゃないですか」
みね子「へ~、へへへ、そうなんですか?」
秀俊「え?…まあね」
みね子「ふ~ん」
元治「なんだよみね子、納得してんじゃないよ。」
元治は「教えてくださいよみね子に、みね子にだけ」とみね子の真似をする。
みね子「今の私の真似ですか?ちょっと原立ったんですけど」
元治「ごめんなさい。なあ?秀、で?で?」としつこく聞く
秀俊「絶対教えません!男と男の約束なんですから」
元治「え?何それ?どうゆうこと?男と男のって何?」

秀俊が休みをもらって行ったのは佐賀でした。島谷に会う為です。再会した島谷は結婚していました。島谷が自分に黙って居なくなった理由を正す秀俊は、自分がみね子を守ること。自分はみね子が好きであることをみね子に告げました。
秀俊「おう、悪いな仕事中に」
島谷「いやいや、こっちこそ待たせてごめん」
秀俊「元気そうだな」
島谷「うん、そっちも」
秀俊は島谷の左手の薬指の結婚指輪を確認しました。
秀俊「あのさ、ちょっと腹立ってんだ俺、何で俺に何も言わないで居なくなった?みね子ちゃんの事は仕方ないと思う。詳しくは知らないけど、俺は確かに悲しい思いはさせるなとは言った。でも、お前がそうしたくてしてる訳じゃないことくらいは解る。だからそれをどうこう言うつもりはない」
島谷「悪かった、何か合わす顔が無かった」
秀俊「みね子ちゃんの事は心配するな。大丈夫だ、俺が守るから。俺、あの子の事が好きだ。女の子としても人としても好きなんだ、大好きだ。それを言いに来た」
島谷「何で?俺に?だって俺はそんなこと、そんな話を聞く資格は…」
秀俊「そういう事じゃないよ、別にお前の許可を貰いに来た訳じゃ無い。友達だからだよ。お前に話したかったんだ」
島谷「頑張れ…秀」
秀俊「うん、ありがとう」

一方赤坂の柏木堂では、由香が柏木堂でアルバイトをすることになりました。由香が赤坂で働く本当の目的は鈴子と省吾に自分の姿を見つけてもらう事でした。しかし、由香は、自分が柏木堂で働いてる事をヤスハルと一郎には口止めするのでした。
一郎「ヤスハル、ところで由香ちゃんは何でウチで働きたいんだ?」
ヤスハル「分かんないのに引き受けるなよ、アイツは省吾さんと鈴子さんと昔みたいに戻りたいんだよ」
一郎「えーっ?」
ヤスハル「でも、自分からは戻れないからここが限界なんだよ」
一郎「え?じゃ何?あれはここにいて見つけて欲しいと思っているのか?でもさ、省ちゃんがここに来る事はほとんどないし、そもそもさ、鈴ちゃんだってたまに食べに来る時以外は通らないだろこの前は」
ヤスハル「俺に言ったってしょうがないだろ」
由香「あのさ?絶対ここに居る事、鈴子さんとかお父さんには内緒だからね。言ったら怒るからね私。絶対だからね!」
一郎「あ…はい…、今のはどっちなんだよ?鈴ちゃん達に言えって事?」
ヤスハル「知らないよ!、もう。面倒くさいな…」
一郎「いやあ…でもさヤスハル、ちょっと楽しいよな。こうなるんじゃないかって思ってたから」
ヤスハル「何が?」
一郎「だってヤスハル由香ちゃんの事好きだったしさ、ひょっとすると結婚なんかしちゃったりして二人でこの店やったりして」
由香「そうだったんだ~ヤスハル、ごめんねヤスハル」
ヤスハル「はあ?何で俺が今傷つかなきゃなんないんだよ」

薬局に貼られていた川本世津子のCMのポスターを張り替えているのを目撃します。

みね子「あの~変わったんですか?」
薬局の人「らしいね。もうダメなんじゃない?川本世津子は」

視聴後の感想

先ずは、みね子はすずふり亭で働きだしても毎月高いメニューを食べる事を続けていたんですね。

遂にハンバーグまで辿りついてこれでゴールなんでしょう。

最初はビーコロから始まって遂に目標到達です。

あれだけのボリュームのハンバーグは当時は230円だったんですね。

すずふり亭で食べてみたいとまた思いました。

みね子を励ましていた秀俊が急に休みを貰って、何処かに行きました。

やっぱり島谷に会いに佐賀まで行ってましたね。

今回で、みね子の恋の相手=イケメン枠は秀俊になりそうですね。

当ブログでの予想では、イケメン枠は綿引正義と言い続けてましたが、

今のところは、今後綿引正義が登場する可能性は薄いです。

由香が柏木堂の一郎にお願いしてたのは、柏木堂で働きたいということだったんですね。

鈴子は柏木堂に来る可能性はまだありますが、省吾はまだ一度も柏木堂に来た事はありませんでした。

そんな状況で、由香はどうするのでしょうか。

しかし、由香は、鈴子と省吾に見つけてもらいたいものの内緒にしておけと言うことは、やっぱり言えということなんでしょう。

これを上手く読んで、一郎がポロッと言ってくれる事を期待しましょう。

2017年9月1日(金)第131話

バー「月時計」で飲もうと集まった、みね子(有村架純)、由香(島崎遥香)、時子(佐久間由衣)、早苗(シシド・カフカ)。由香のアルバイトや時子のコンテストなど、積もる話をしていると、早苗が店外に見えた人影を追って、突然飛び出していってしまう。一方、あかね荘では富(白石加代子)に異変が起きていた。電気もつけずに部屋にいた富に、愛子(和久井映見)が声をかけると、「胸騒ぎがする」と言う。

それでは、朝ドラひよっこネタバレ第22週の第130話のあらすじと感想は以上になります。

また、翌日を楽しみに待ちましょう。

なお、この記事は最終日(2017年9月2日土)のまとめにも記載していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.