朝ドラ ひよっこネタバレ第22週ツイッギーコンテスト!第127話のあらすじと感想




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

朝の連続テレビ小説ひよっこ第22週2017年8月28日(月)~9月2日(土)「ツイッギーを探せ」

朝ドラひよっこのネタバレあらすじと感想!時子はツイッギーそっくりコンテストに出れる?

2017.08.26

2017年8月28日(月)第127話

日本中でミニスカート旋風が起こっていた、1967年・夏。時子(佐久間由衣)は、ミニスカートが似合う女性を選ぶ「ツイッギーそっくりコンテスト」へ応募することに。「三男(泉澤祐希)のためにも早く結果を出したい」と、みね子(有村架純)に本音を打ち明ける。そんなとき、早苗(シシド・カフカ)のお見合い連敗記録が更新された。愛子(和久井映見)は、早苗が本当に相手から「断られている」のかを疑う。

あかね荘の共同炊事場に住人が勢揃いして。お餅を食べている。そこへ時子が帰って来て、ツイッギーそっくりコンテストに応募すると宣言しました。
時子「ちょっと悩んでたんですよね、ま女優のコンテストではないし、それに何か劇団の人達皆、こういうこういうの好きじゃないみたいで、くだらないとか言ってるし。でも何か今自信ついた」
構わず餅のお代わりを取る祐二
時子「ちょっと!聞いてんの?何かないの?応援のメッセージとか」
啓輔・祐二「あ、頑張ってください」
時子「もうちょっと興味持ちなさいよ」
啓輔「僕らが描いとんがはみね子さんの話ながで、そこまではなかなか描けんちゅうか…」
時子「あ”!」みね子「ん”~」
祐二「最近、みね子さんが停滞気味で…」
みね子「またその話すんですか!怒りますよホントに」
愛子が時子が受かる気がすると言い出しました。それは、昨夜見た流れ星にあかね荘の皆の幸せを願ったからだと言います。愛子はツイッギーコンテストが25歳までかとガッカリしました。

そして25歳の年齢で、早苗が永遠の25歳という話題になり、お見合いの話にも発展します。愛子は早苗が可愛いのに見合いを断られ続けてるのはおかしいと言います。。実は、断られてるのではなく、断られるように仕向けてるんじゃないかと疑います。とその時に啓輔と祐二が何かを見つけてしまいました。それは時子が応募しようとしてるコンテストの応募期限が過ぎてることでした。締切は7月末日でした。部屋に戻ってみね子と話す時子はみね子に励まされます。時子は自分を応援する為に自分に片思いを続けている三男を解放したい。時子がコンテストに出場する理由をみね子に語りました。

同じ頃、奥茨木村の時子の実家・助川家では正二と豊作が何かをしでかした君子の事を責めていました。

視聴後の感想

時子が遂に決心して応募を決めたツイッギーそっくりコンテスト

しかし、締切が過ぎてしまっていました。

ここにきてまだ波乱が起こりました。

三男の思いを受けてスターになって三男を解放しようと思った矢先にですよ…

正に出鼻をくじかれるとはこのことです。

愛子さんが早苗の事を疑い出しましたね。

早苗の永遠の25歳という事実を知った時にアラサーかなと思っていました。

でも問題は年齢ではありませんでした。

お見合いを断られた記録の方でした。

早苗は結婚するのが怖いのか、家の事情とかでしょうか

今週のあらすじを知ってるから言えるんですが、実は応募の権利はある人によって手に入るんでしたね。

実は世津子が芸能界の力で手に入るのではと予想しましたが、もしかすると時子の母・君子が勝手に応募して怒られてたのかもしれません。

2017年8月29日(火)第128話

「ツイッギーコンテスト」は、応募の締め切りが過ぎていた!出場のチャンスすら逃してしまったことに、がく然とする時子(佐久間由衣)。仕事から帰ったみね子(有村架純)は、富(白石加代子)から、一枚のハガキを見せられる。それは、時子宛てに届いた、選考への案内ハガキだった。「いったい誰が申し込んだのか?」と、考え込むあかね荘の住人たち。早苗(シシド・カフカ)のあるひと言に、時子はピンときて…。

それでは、朝ドラひよっこネタバレ第22週の第127話のあらすじと感想は以上になります。

また、翌日を楽しみに待ちましょう。

なお、この記事は最終日(2017年9月2日土)のまとめにも記載していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

 

スポンサーリンク