NHKドラマこの声をきみにのキャストとあらすじと見どころは?主題歌も調査




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

意外に、視聴者の多いNHKのドラマ10シリーズ。

俳優の竹野内豊さん主演の「この声をきみに」が発表されました。

竹野内豊さんはNHKドラマ初主演だそうです。

今回の記事では竹野内豊主演の「この声をきみに」について調査していきます。

NHKドラマ「この声をきみに」基本情報

放送期間 2017年9月8日(金)スタート(連続8回)
放送時間  毎週金曜 22:00~22:48(48分)
放送局 NHK総合

脚本;大森美香
音楽:fox capture plan
演出:笠浦友愛 樹下直美 上田明子
制作統括:磯智明

NHKドラマ「この声をきみに」キャスト

穂波孝(役竹野内豊)

 

 

 

 

 

 

難波孝:大学の数学講師…話すことが苦手で、学生からの人気もない。

竹野内豊…1971年1月2日生まれ、東京都出身。O型。1994年に、TBS系ドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー。
正統派二枚目俳優としてドラマ、映画で活躍。2002年には『第25回日本アカデミー賞』優秀主演男優賞を受賞。
代表作は、フジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』『氷の世界』など。

難波奈緒(役ミムラ)

 

 

 

 

 

 

 

難波奈緒:孝の妻…大学時代に興味を持った孝に積極的アプローチ。卒業後、孝を年下ながらにリードし、結婚。が、長女が生まれると「夫として父として決定的にダメな人種かもしれない」と感じている。

ミムラ…女優。1984年6月15日生まれ、埼玉県出身。B型。2003年フジテレビ系ドラマ『ビギナー』で主演を務め、女優デビュー。以降、多数のドラマや映画で主演を務め、好評を得ている。現在に至るまで精力的に活躍の幅を広げている。NHKでは「江~姫たちの戦国?~」「梅ちゃん先生」「ソースさんの恋」他に出演。

江崎京子(役麻生久美子)

 

 

 

 

 

江崎京子:「話し方教室」の講師…過去に何があったかは佐久良先生しか知らない。いつもニコニコしているように見えて中身は悲観主義者のリアリスト。恋愛恐怖症であり、恋愛至上主義な世の中を嫌悪している。

麻生久美子…女優。1978年6月17日生まれ、千葉県出身。1994年に三菱電機のテレビCMでデビュー。1998年に映画『カンゾー先生』のヒロインに抜擢され、一躍注目を集める。その後、数多くの映画賞で主演女優賞に輝く。現在も実力派女優として活躍中。

佐久良(役柴田恭兵)

 

 

 

 

 

 

 

佐久良:江崎京子の上司…朗読教室の主宰者。ラジオの人気アナウンサーだったが、妻の病気を機にフリーに転身。自宅で朗読教室を始める。生徒の心の内を救い上げ、カウンセラーのようでもある。

柴田恭兵…1951年8月18日生まれ、静岡県静岡市出身。AB型。1984年映画『チ・ン・ピ・ラ』で初主演を果たす。1986年にはシリーズ化となった、日本テレビ系ドラマ『あぶない刑事』がスタートする。『日本アカデミー賞』優秀助演男優賞など、数多くの賞を受賞する。
NHKでは「64(ロクヨン)」「風の峠~銀漢の賦~」「オトコマエ!」「軍師官兵衛」「武田信玄」「山河燃ゆ」他

柏原喜巳子(堀内敬子)

 

 

 

 

 

 

 

柏原喜巳子…二人の息子がいる主婦。子育ても落ち着き、興味があった朗読ボランティアを始める。自分の朗読を楽しみにする小学生やご老人がいるのが嬉しい。噂好きで、京子は警戒している。

堀内敬子…女優。 1971年5月27日生まれ、 東京都出身。O型。90年に劇団四季に入団。『美女と野獣』や『エビータ』など数々の作品でヒロインを務める。99年、退団後は、映画『THE 有頂天ホテル』、『宇宙兄弟』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房 』など話題作品に出演。08年、『第15回読売演劇大賞』で優秀女優賞を受賞。

東原正規(松岡充)

 

 

 

 

 

 

 

東原正規…孝の友人。愛想や要領もよく、同期でもいち早く教授になる。バンドが趣味で、音楽と等比数列を関連付けた講義は人気がある。

松岡充…1971年8月12日生まれ、大阪府門真市出身。B型。歌手、俳優、タレント。ロックバンド・SOPHIA、MICHAELのボーカリスト。ドラマ・映画・舞台と多岐に渡って活躍中。

稲葉実鈴(大原櫻子)

 

 

 

 

 

 

 

稲葉実鈴…声優志望の学生。憧れていた声優になりたいと思い立ち、とりあえず朗読教室へ。幼少の頃、母親に朗読を褒められたことをずっと覚えている。

大原櫻子…歌手・女優。1996年1月10日生まれ、東京都出身。A型。映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインオーディション5000人の中から選ばれる。劇中バンド”MUSH&Co.”のボーカルとして、シングル「明日も」でCDデビューを果たす。14年4月、『第23回日本映画批評家大賞』で新人賞(『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)を受賞。14年11月、シングル「サンキュー。」でソロデビュー。ドラマ「好きな人がいること」「恋仲」や映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」他に出演。NHKドラマは初出演。

熊川絵里(趣里)

 

 

 

 

 

 

 

熊川絵里…メーカーのショールームに勤務。制服を身に着け、お客様相手に型通りの説明する毎日に疲れ、教室に通い始める。教室ではストレス解消のごとく、積極的に話す。

趣里(しゅり)…女優。1990年9月21日生まれ、東京都出身。O型。父は俳優の水谷豊、母は女優の伊藤蘭。2011年3月、TBS系ドラマ『3年B組 金八先生 ファイナル』でドラマデビュー。NHKでは「とと姉ちゃん 」に出演。

河合雄一(戸塚祥太)

戸塚祥太

 

 

 

 

 

 

 

河合雄一…実家のコンビニでバイト生活。繊細な性格の持ち主で、幼少の頃から、女の子みたいとからかわれていた。そうした自分を受け入れる、教室に居心地の良さを感じる。

戸塚祥太…アイドル。1986年11月13日生まれ、東京都出身。B型。ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・A.B.C-Zのメンバー。DVD『Za ABC~5stars~』でデビュー。テレビドラマ2本映画2本の出演。

五島由紀夫(永瀬匡)

 

 

 

 

 

 

五島由紀夫…弁護士。

永瀬匡…1993年1月22日生まれ、鳥取県出身。A型。元ジャニーズJr研音所属MEN ON STYLEのメンバー。2010年9月にテレビドラマ「桜蘭高校ホスト部」で俳優デビュー、特撮テレビドラマ「仮面ライダーウィザード」に出演。NHKでは「べっぴんさん」「八重の桜」に出演。

穂波定男(平泉成)

平泉成

 

 

 

 

 

 

 

穂波定男…孝の父。高度成長時代を支えた企業戦士。息子には自分のような苦労をさせたくないと、孝には教育熱心。現在は、一時的に養護施設に入所中。

平泉成…1944年6月2日生まれ、愛知県出身。1964年、大映京都第4期ニューフェイスに選ばれ芸能界入り。代表作は、NHK連続テレビ小説『おしん』、映画『模倣犯』、ドラマ『MR.BRAIN』など。名脇役として話題の作品に多数出演するベテラン俳優。

八坂淳子(仁科亜季子)

 

 

 

 

 

 

 

八坂淳子…奈緒の母。奈緒が出戻り、心配するが、孫たちと同居できることに喜ぶ。テニスやカルチャーセンターに通うのが好き。

仁科亜季子…1953年4月3日生まれ、東京都出身。 AB型。ドラマ『白鳥の歌なんか聞こえない』で女優デビュー。以降、映画『悪魔の手毬唄』や、NHK大河ドラマ『勝海舟』などに出演。1979~98年、芸能活動を休止。99年に芸能界復帰。息子は俳優・仁科克基、娘はタレント・仁科仁美。

磯崎泰代(片桐はいり)

 

 

 

 

 

 

 

磯崎泰代…メーカーの有能な経理担当。幼い頃から、文学や芸術が苦手、他人の気持ちや恋愛に興味をもたないまま一生を終えるのが寂しいと感じ、そんな時に朗読に出会う。

片桐はいり…1963年1月18日生まれ生まれ、東京都出身。A型。大学在学中に“ブリキの自発団”に入団。映画『かもめ食堂』や、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』、映画、『小野寺の弟・小野寺の姉』など、舞台、映画、ドラマと話題の作品に多数出演する個性派女優。

福島邦夫(杉本哲太)

 

 

 

 

 

 

 

福島邦夫…海運会社勤務、半年ほど商船の船長として航海に出る。せめて日本にいる時は、日本語にどっぷり浸かりたいと思い、朗読教室に通う。誰とでも打ち解ける明るい性格。

杉本哲太…1965年7月21日生まれ、神奈川県出身。O型。1981年横浜銀蠅のロックバンド『紅麗威甦(グリース)』に参加し芸能界入り。84年、映画『白蛇抄』に出演し、日本アカデミー賞新人賞を受賞。以降、話題のドラマ、映画で活躍する実力派俳優。

※現時点で決まっているのは以上です。情報が入り次第追記していきます。

NHKドラマ「この声をきみに」あらすじ

大学で数学を教える穂波孝(竹野内豊)は、偏屈でさえない46歳。話すことが苦手で、学生からの人気もない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は子供と出て行ってしまう。ある日、学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられた孝は、講師の江崎京子(麻生久美子)と出会う。こんな偉そうな女に教われるか、と言う孝に、「つまらない男」と言い放つ京子。彼女の上司・佐久良(柴田恭兵)が仲裁に入るものの、険悪な雰囲気でふたりは別れる。しかし数日後、思わぬ場所で再会する。それは、町はずれにある、小さな朗読教室だった。

NHKドラマ「この声をきみに」見どころ

連続テレビ小説「あさが来た」で、同枠ドラマ今世紀最高視聴率27.0%(関東平均値)を叩き出した、
脚本家・大森美香が満を持して送るオリジナル作品、上質な大人のエンターテインメント。
そんな彼女がラブストーリーの舞台に選んだのが朗読教室。
「時代遅れ」のイメージもある朗読教室だが、声を出して心を開放する癒しの場として再評価され、
若者にも密かなブームである。 声の交流を通して、主人公が女教師と「愛」や「人生」のレッスンを重ね、 個性的な生徒たちと一緒に、成長をしていく姿をキュートに、ロマンチックに描く。

NHKドラマ「この声をきみに」主題歌は?

音楽担当のfox capture planはどのような楽曲を手がけているのでしょうか。

fox capture plan(フォックス・キャプチャー・プラン)

日本の3人組のインストゥルメンタルバンドである。略称はフォッキャプ。2011年結成。

fox capture plan / 疾走する閃光

主題歌というより劇中歌みたいな感じですね。

ある意味、インストゥルメンタルの方がこのドラマの雰囲気には合いそうな気もしますけどね。

もしかすると今後、追加情報で主題歌も追加されるかもしれません。

追記:主題歌はJUJUの7カ月ぶりとなる新曲「いいわけ」に決定しました。

今回の記事のまとめ

NHKドラマこの声をきみにのキャストとあらすじと見どころは?主題歌も調査してきました。

  • NHKドラマ「この声をきみに」は2017年9月8日(金)スタート(予定)
  • NHK総合 毎週金曜 よる10時 <48分・連続8回>
  • 脚本を務めるのはNHK連続テレビ小説『あさが来た』や『聖女』の大森美香。
  • 主人公の竹野内豊はNHKドラマ初出演
  • 「この声をきみに」は朗読教室を舞台に繰り広げられる楽しくも切ないヒューマンラブコメディー
  • 主題歌という形ではなく劇中歌はfox capture planが担当
  • 主題歌はUJUの7カ月ぶりとなる新曲「いいわけ」に決定しました。

2017年7月21日に情報が解禁されたばかりなのでまだまだ情報は不十分ですが、追って追記していきます。

収録予定は2017年7月中旬から10月初旬

NHKドラマ10「この声をきみに」公式サイト

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.