朝ドラひよっこのネタバレあらすじをざっくりと!第14週はどうなるの?




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

今朝も局地的豪雨に見舞われた管理人の住む地方…

ま、梅雨だからこれで良いのかもしれませんね。

その後、雨も上がり激しく蒸し暑いです。

まだエアコンは使いませんよ!扇風機が絶賛稼働中!!

今週も朝ドラひよっこ面白かったですね。

では、一週間の振り返りしていきます。

ひよっこ第13週あらすじ振り返り

朝ドラひよっこのネタバレあらすじをざっくりと!第13週はどうなる?

2017.06.24

第13週「ビートルズがやって来る」あらすじ

先ずは、謝らなければいけません。

1966年6月29日にビートルズが来日したということで

現代の2017年6月29日に合わせたかのようにひよっこの世界でも

ビートルズが来日すると予想しましたが、来日すらしませんでした。

当然、観ていたのですが、心の中で、「あれ?あれ?来ないの?」

と言っていました…。NHKの粋な図らいかと思っていただけに残念。

どうもすみませんでした。

次週は確実にビートルズ来日公演します。

もう一つ残念だったのは茨城の高萩に帰ってしまった綿引正義が父の新たな情報

を持ってみね子に会いに来たのに、あっさりと帰ってしまいました。

実の失踪理由の真相を知ったみね子は母・美代子との電話をあかね荘の住人に知られることに…

早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに怒り、みね子は可哀想な子と思われたくなかったと告白します。

それで、早苗との仲が逆に深まりましたけど。

火曜日くらいから、小祝宗男さんこと宗男叔父さん(峯田和伸)のエピソードが描かれました。

そう、ビートルズ来日のい件でいても経ってもいられないのです。

朝ドラひよっこのネタバレあらすじをざっくりと!第13週はどうなる?

2017.06.24

先週末の記事では書きませんでしたが、歯磨き粉の応募券でビートルズの来日コンサート招待券の話は想像はついてました。

今更ですけどね…

宗男叔父さんの秘密基地で嫁の滋子(山崎静代)が新聞の広告で歯磨き粉の応募券でビートルズの招待券が当たるということを知りましたね。

実は、滋子がこっそり応募していて招待券が当っていた…。

あの歯磨き粉でビートルズの懸賞はあったんですね。→画像

びっくりです。流石NHKといったところですね。

結局、宗男叔父さんはバイクで茨城から東京に来たわけですが、

現在なら、常磐自動車道を使うと1時間44分くらいで行けます。

ひよっこでは丸一日かかって来たと宗男叔父さんは言ってました。

当時は道路も整備されていなかったから余計時間もかかったでしょうね。

改めて現代は道路も整備されて高速道路もあって有り難い世の中です。

第13週の最後には、実が目撃された場所に宗男叔父さんと行ってお互い実への思いを叫ぶというものでした。

みね子にとっても日々目まぐるしく起きた様々な出来事のうっぷんを晴らす意味では良かったんじゃないかと思いますね。

ひよっこ第14週ネタバレあらすじをざっくりと

  • 2017年7月3日(月)ビートルズ来日の日。みね子(有村架純)が働く赤坂にはファンが押し寄せる。東京に滞在中の宗男(峯田和伸)はすずふり亭を訪れるが、元治(やついいちろう)はそのハイテンションぶりについていけない。一方、柏木(三宅裕司)は近所の人々に気前よくあんみつをふるまおうとするが、鈴子(宮本信子)が疑うと「ビートルズ公演の警備員のために、大量の弁当作りを安請け合いしてしまった」と白状する。

  • 2017年7月4日(火)公演前夜、みね子(有村架純)らあかね坂商店街総出の赤飯作りが始まる。警備員600人分の弁当を用意するため、柏木堂の親子と福翠楼の夫婦、あかね荘の住人たち、さらには宗男(峯田和伸)がすずふり亭に集まる。米が蒸し上がるのを待つ間、省吾(佐々木蔵之介)が宗男に「戦争中はどこにいたのか」と尋ねる。宗男はそこでみね子も知らなかった戦争体験を語ることに。それはビートルズへの思いにつながるものだった。

  • 2017年7月5日(水)大量の赤飯作りを終えると、外はすっかり夜が明けていた。みね子(有村架純)と宗男(峯田和伸)はすがすがしい気持ちで空を見上げる。部屋に戻り、わずかな時間眠りにつくみね子。島谷(竹内涼真)の部屋では、宗男と秀俊(磯村勇斗)がすっかり眠りこんでいた。島谷は、宗男のビートルズへの熱い気持ちを思い返していた。そして何を思いついたのか、宗男を起こすとある行動に出る。

  • 2017年7月6日(木)ビートルズ公演の初日を迎える。夜通しの赤飯作りですっかり寝不足のみね子(有村架純)らすずふり亭の人々。眠気と戦いながら仕事をしている元治(やついいちろう)は、毎日ハヤシライスを食べに来ては大騒ぎする宗男(峯田和伸)が腹立たしくて仕方ない。そんなとき、調理場にいた省吾(佐々木蔵之介)が何かに驚いて大声を上げる。そこにいたのは、宗男の妻・滋子(山崎静代)だった。

  • 2017年7月7日(金)ビートルズが日本を離れた。奥茨城に帰ることにした宗男(峯田和伸)は、あかね荘やすずふり亭の人たちへあいさつに回る。みね子(有村架純)のことを頼むと鈴子(宮本信子)に言い残して去って行く宗男。宗男が行ってしまい急に寂しくなったみね子は、開店前に秀俊(磯村勇斗)を手伝っていて棚の奥に見覚えのあるお重を見つける。それは美代子(木村佳乃)が実(沢村一樹)にすずふり亭への土産を詰めて持たせたお重だった。

  • 2017年7月8日(土)今日は乙女寮の同窓会。みね子(有村架純)から話を聞いた省吾(佐々木蔵之介)の心遣いで、定休日のすずふり亭を貸し切りに。「いい機会だから」と省吾に言われ、元治(やついいちろう)と秀俊(磯村勇斗)がメニューから考えてすべて作ることになった。みね子がワクワクしながら店で待っていると、時子(佐久間由衣)と澄子(松本穂香)、豊子(藤野涼子)、幸子(小島藤子)、優子(八木優希)ら寮の仲間たちがやってくる。引用:Yahooテレビ

ひよっこ第14週「俺は笑って生きてっとう!」予告映像

乙女寮ロスに陥ってた人には嬉しい演出となりそうですね。

でも、愛子さんがいないですね…

澄子の「うんめ~!」が見られるかもですね。

乙女寮と言えば舎監の愛子さんですが、ツイッターで興味深い呟きを見つけましたので紹介します。

新聞の掲載内容を書き出してみます。

■社員寮の青春 朝ドラに

上野 せい 73歳(登米市・主婦)

1959(昭和34)年、私は地元の中学を卒業して川崎市のトランジスタ会社に就職し、社員寮に入りました。その寮の女性舎監の先生が後にフリーライターとなり、二年前『「舎監」せんせい――集団就職の少女たちと私』という本を出しました。「金の卵」といわれた私たちのことを何とか記録に残したいと思っていたようです。
昨年六月、NHKドラマ制作担当の方が朝の連続テレビ小説の参考にしたいということで、先生を取材し、紹介されて私のところにも取材にきました。朝ドラの取材だなんて、とびっくりです。半信半疑で、会社の仕事や寮での生活の様子など、取材に答えました。私一人の話では不十分と思い、当時の十人ぐらいの同僚にお願いして、ドラマ制作担当の方にお便りを出してもらいました。
それが縁で昨年秋、寝食を共にした寮生たち十六人が神奈川県内に集まり、青春時代の思い出を語り合いました。
現在、その朝ドラ「ひよっこ」が放送されています。取材を受けた内容が使われ場面には、ほろりとするやらどきどきするやら。今後の展開が楽しみです。
ドラマ化されたことで、かつての寮生の私たちには素晴らしい記念となりました。舎監の先生が本にしてくださったことに感謝しています。

同窓会ということは来週の展開と合いますね。

愛子さんには実在の人物のモデルがいたんですね。

 

興味があるかたは読んでみてはどうですか。

ひよっこ第14週「俺は笑って生きてっとう!」予告映像

今週もお疲れ様でした。どうぞ良い週末をお過ごしください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.