ハイぶりっ子ちゃんの正体は女性型妖精?フィギュアやグッズの購入先は?




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

以前、自分が会いたい一心で調べて書いた記事が本人の目に止まりました。

ハイぶりっ子ちゃんの中の人は誰?セクシースタイルの正体が気になる

2017.06.02

めちゃくちゃ嬉しいことです。

管理人にはハイぶりっ子ちゃんのホーム長野県佐久市に友人がいるのですが

友人は、何度もハイぶりっ子ちゃんに会ってます。

実は、ハイぶりっ子ちゃんを知ったのもその友人が切っ掛けでした。

以前の記事で触れたかもしれませんが、管理人のホーム滋賀県からハイぶりっ子ちゃんの佐久市までは車で4時間電車だと5時間…

簡単に会いに行ける距離じゃありません。

2016年10月にご当地キャラ博in彦根にハイぶりっ子ちゃんも来たのです。

折角、生のハイぶりっ子ちゃんに会えるチャンスだったのに行けませんでした…。

ご当地キャラ博in彦根に行けていればぶりちゃんにも会えてフィギュアやグッズも買えたかもしれないのに。

激しく後悔してます。

今回は、ハイぶりっ子ちゃんに会いたいけどフィギュアやグッズが欲しいぞ!という人に向けて色々と調査してみます。

勿論、管理人もブリちゃんグッズは欲しいと思っています。

ハイぶりっ子ちゃんの正体

以前の記事をご覧になってくださっていればぶりちゃんの正体は解りますよね。

ハイぶりっ子ちゃんの中の人は誰?セクシースタイルの正体が気になる

2017.06.02

ハイぶりっ子ちゃんは、長野県小諸市から山梨県北杜市を結ぶ高原鉄道で
有名な「小海線」の沿線地域振興を応援するために2014年3月14日に誕生したキャラクター。

ハイぶりっ子ちゃんの産みの親は、中込商店街で楽器店を営む中川鉄夫(以後、N博士)さん。

中込を全国に知ってもらいたい。

小海線が80週年を迎えるので賑やかしになるようにと産まれたキャラです。

中込商店街では、JR小海線開通80週年にあわせ、商店街を盛り上げる企画を募集

中川さんが、「ハイぶりっ子」を提案したところ少々セクシーな見た目や財政的な問題で制作に暗雲が立ち込めた為2014年3月14日に自費での制作に踏み切りました。

N博士曰く、ハイぶりっ子ちゃんは一晩で出来た。軽自動車にも乗っけられるキャラクターにしようと質素な衣装になった。

ハイぶりっ子ちゃんの頭部は小海線を走るハイブリッド車両をイメージし、顔は「かわいいから」とウサギに…

頭部を本体で身体は乗務員さんで当初は20~40代の12人が交代で乗務員を務める。

商店街に相談せず、見切り発車的に活動を開始したハイぶりっ子ちゃん

佐久市内だけでなく県外のイベントにも出没させ、その様子をインターネットで情報発信したところ多くの反響を得た。

産みの親のN博士によるとハイぶりっ子ちゃんの魅力はというと「連れて歩きやすい、機動力があるので、いろんなところに短期間にばんばん出没できる」

ハイぶりっ子ちゃんの強みは機動力で自転車にも乗れる・ダンスもできる(※乗務員さんによって動きに差は生じる)

次第に、認知度も上がり地元の住民も温かく見守っている。

商店街も「非公認キャラ」として応援する雰囲気になった

中込商店会共同組合の井出一典事務理事はこう語る

「非公認の方が動きやすいという発想もある、突っ込みどころ満載だけど
セクシーであったり、かわいいだとか面白いとかいい評価があるし、全国レベルの有名なキャラになってほしい」

さらに佐久市長さんが佐久市非公認キャラと命名してくれたのでありがたく使っているとN博士。

ハイぶりっ子ちゃんが有名になることで地域が有名になると経済効果があるので

ひたすら有名になることを目指している

2014年6月3日 NBSスパーニュース テレビに登場

当時から産みの親N博士の願いが叶いつつありますね。

ウチのネタの箱でも記事にしてハイぶりっ子ちゃんの事務局の目に止まってといった様に情報発信が拡散されてもっと世間に知れ渡って貰いたい半分と有名になりすぎて気軽に会えない状態になるのは嫌が半分です。

そう、会いに行けるアイドルのAKB48の様に…

また、調べているとなんか…余計に会いに行きたくなってしまう。

今回新たな情報見つけてしまったし。

ハイぶりっ子ちゃんのフィギュアやグッズの購入先は?

会えないのを悔やんでも仕方ない…

いつでもハイぶりっ子を眺める事をできることを考えましょう。

以前の記事でハイぶりっ子ちゃんの売り込み方が凄いということは書きました。

ハイぶりっ子ちゃん事務局はインターネットを上手く活用していると思います。

なので、ハイぶりっ子ちゃんグッズもちゃんと用意されています。

ハイぶりっ子ちゃんのグッズを購入するには、ハイぶりっ子ちゃんが出没するイベントに行ってブースで購入

ネットでの購入の他に今回情報を得たのは、ハイぶりっ子ちゃんの産みの親のさんが経営する

N博士のお店「中川ピアノ店」に行って購入するのが一番確実だと思いました。

本来なら自ら行って情報を掲載すべきなのですが、諸事情もあって出来ないので、ネットに頼らせて頂きます。

ショーウインドウからでもテンション上がります♪

缶バッジやステッカーにアクリルチャームがありますね♪

アクリルチャームもバリエーションありますね♪

お茶缶ですかね。

Miyuki’s Diary様の記事の画像をお借りしました。m(_ _)m

これもグッズになりますね。
ハイぶりっ子ちゃんファーストシングル「青の集会」

ハイぶりっ子ちゃんシングル「ごとごとりん」

公式Youtubeページハイぶりっ子チャンネルには50をはるかに超える動画も投稿されている。

<a href=”ここにURL” target=”_blank” rel=”nofollow”>ハイぶりっ子チャンネル </a>

チャンネルにはこんな気になる動画も↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.