朝ドラひよっこ(6月7日分)ラスボス高子の最終面接のあらすじネタバレ!次回の考察も




どーもどーもどーも!KO-CHAN(@NetaboxBear)です。

いよいよ梅雨入りですね…。

このジメジメ感は好きではありません。

昨夜は、コロッケにありつく事は出来ませんでした…

それでは今日も朝ドラのあらすじネタバレいってみましょう。

やはり、佐藤仁美さんの扱いは期待通りみたいですよ。

ひよっこ第10週第57話あらすじネタバレ

追加キャストはこちら→ひよっこ10週~のキャスト

ナレーションオレンジ色

みね子の心の声青色

省吾「えっ 何?うちで働くことになったの?」

みね子「そうなんですよ!たった今!」

秀俊「そう?」

みね子「はい!私頑張ります!頑張ります!よろしくお願いします!頑張ります!うれしいです!頑張ります!あっ 頑張ります!は、もう言ったか。えっと…頑張ります!」

すずふり亭で働く事が決まってはしゃぐみね子。

省吾「あ~そっかあ おう よろしくな!」

秀俊「ホールやるの?」と嬉しそうにみね子に聞く

みね子「はい!そうなんですよ ホール!かっこいいですよね ホール。」

秀俊「やった!うれしい!」

みね子「そんなに喜んで頂けるなんて参ったな。」

秀俊「あっ いやいやそうじゃなくて、俺 今忙しい時、調理場とホール兼任だからさ誰でもいいからホールに人が入ってくれたら調理場にずっといられるから。本当誰でもいいから来てほしかったんだ フフフうれしい。」

と誰でも良いということを強調したかった秀俊

みね子「誰でもいいから…?」

秀俊「うん!頑張って。」

注文窓越しに鈴子と省吾がジェスチャーで話しながら焦る…

秀俊「いつから?」

みね子「えっと それは まだこれから。私は、今からでも!」

元治「高ちゃんのOK 出たん…だよ…だよね?」

みね子「何ですか?それ。」

秀俊「えっ まだなの?」

え~!え~!

意味が解らないみね子は慌てる…

鈴子「そこが問題なのよ。

高子が帰ってくる

高子「すみませ~ん。美容室混んじゃってて どうかな?これ はやりらしいんだけど。」

そう言ってセットした髪型を皆に問う高子

慌ててみね子を外に連れ出す鈴子

鈴子「落ち着いて 聞いてね。一つ言い忘れたことがあるの。うちの店のホールには最終面接っていうのがねあるのね。」

みね子「あ…あぁ 最終面接ですか。そっか。ということは まだ 採用ってことではないんですよね?」

鈴子「そうなのよ。ごめんね。もう ごめん ごめん ごめん。」

みね子「…で あの どんな?」

言いにくそうに鈴子…

鈴子「高ちゃんの面接。」

みね子「はい?」

鈴子「え~っと つまりね うちのホールに入るには、一番高ちゃんと一緒にいるわけでしょ。同じ仕事をするわけじゃない?」

みね子「なるほど。」

鈴子「でしょ?」

みね子「分かります。」

鈴子「だからね 私が勝手に決めるわけにはいかないわけ。一番一緒にいて 一緒に働く人間がねどう思うかってことがね大事だからね。」

みね子「なるほど。でも私高子さんとは、うまぐやっていげるっつうか 何か自信があるっつううか!」

鈴子「アハハ!あんたに あってもねえ。そもそもそういうことじゃないのよねえ。つまりね 高ちゃんはうちでは看板娘なわけ!分かる?」

みね子「はぁ 娘…はい。」

鈴子「…で しかも 嫁入り前なんだ あの子は。」

みね子「あっ そうなんですね。」

鈴子「そうなの。だから看板娘の座を奪われたくないわけ 分かる?」

みね子「はぁ…。」

鈴子「要するに 自分よりいい女がホールにいるってことは認められないわけなの。分かる?」

みね子「ということは 最終面接は…。」

鈴子「自分より、いい女だと思ったら…採用は なし。」

みね子「えっ!?」

お父さん。何ですか?その条件は。しかも今 私はどういう顔をしたらいいんでしょうか?その条件を聞いて“それなら 私 大丈夫ですね~!”という顔も女性としては、やはり なかなかできないし…。顔が動きません…。」とリアクションに困るみね子

場面は代わり 店のガラスを拭いている高子

通行人「高ちゃん!今日もきれいだね!」

高子「何も出ないよ~!」と喜ぶ

一方調理場では

秀俊「厳しいですかね?彼女。」

省吾「どうだろうな..。」

元治「何年も合格者出てないからなあ。」

秀俊「そんなに?」そう驚く

省吾「数々の美人が…。通り過ぎてったもんなあ…。」

元治「ですよね…。」

秀俊「そうなんですか?」

今までの高子との最終面接を回想で振り返る三人…

一方裏庭の鈴子とみね子

鈴子「最初はね 本当に あなたが…。“あなたが”っていうのは高ちゃんのことね。あなたが一緒に働くんだから、あなたがいいと思う人にしなさい。だから 私はあなたに一任するよ!って言ったのよね。そういうのって あれでしょう?経営者としてはなかなか潔いことでしょう?筋が一本通ってるでしょ?でしょ?フフフ そうだよねえ。」

みね子「はい。」

鈴子「それがね 何だか いつの間にかこんなことになっちゃってね…。何だかね…。でも まあ あの子も長いし…。職場で女同士の闘いなんてのも嫌でしょ?」」

頷くみね子

鈴子「私 よく分かんないのよね。あの 女同士の闘いっていうのかしら そういうのあんまりなくて。ハハハ!子供の頃からね かわいくてね 私。フフフ!町内の人気者だったのよ。この辺りの。」

お父さん。何だか 話が違う方へ行ってしまっているような気がします。この話 必要でしょうか?

鈴子「話 それちゃったね。ごめん。ごめん。とにかく頑張って。」

みね子「あの…。何をどう頑張ればいいんでしょうか?」

鈴子「分かんない。」

みね子「そうですよね..。」

厨房の中に入る鈴子とみね子

省吾「頑張れ みね子ちゃん。」

みね子「やれるだけのことはやってみます。」

元治「大丈夫なんじゃねえの?怖い。」

秀俊「頑張ってくれ みね子ちゃん。」

みね子「はい…ハハハ…。」空元気のみね子

高子が厨房に入ってくる…

鈴子「高ちゃん。みね子ちゃんをね ホール係で雇おうかなと思ってるんだけど。」

恐る恐る言う鈴子

高子「ほお…。」

みね子「よろしくお願いします!」

緊張感が走る…

高子「へえ…。」

高子との最終面接に向かうみね子

高子「ここで、働きたいんだ?ふ~ん…あのね?…….あんみつ食べる♪」

鈴子「高ちゃん!それって…。」

厨房から鈴子たちが喜んで駆け寄ってくる

元治「あんみつ食べる?ってことは…。」

意味が解らず戸惑うみね子をよそに皆喜ぶ

省吾「採用だな 採用だな 採用だな…。」

みね子「あんみつ食べる?は採用?本当に!?えっ?やった!やった!」

喜ぶみね子

高子「ヒデ あんみつ頼んできて!」

秀俊「はい 喜んで!」

鈴子「よかった よかった!」

省吾「みね子ちゃんすごいな~!」

元治「大したもんだよ!」

鈴子「まあね いざとなったら、鈴子命令で採用しようかと思ってたんだけどね。」

省吾「何だ!そうなのかよ もう。」

みね子「先に言って下さいよ。」

安堵するみね子

鈴子「あ~ごめん ごめん。でもねできればね そうじゃなくてね。うん フフフ!」

みね子「あの…ちなみに…えっと…合格の決め手は どういったところだったんでしょうか?」

一同「ん?」

元治「聞く?お前 それ」

高子「あのさ!そういう噂があるのは知ってたけど…。えっ?みんな私が自分よりいい女は落としてるって本気で思ってたの!?」

鈴子「違うの?」

高子「何ですか?鈴子さんまで!」

省吾を見る高子

省吾「いや 俺は そんな風には思ってなかったけどね。」と誤魔化す省吾

元治「え~~!」

鈴子「何よ あんた 自分ばっかり。」

省吾「いやいやいや いやいやいや。」

みね子「違うんですか?」追い打ちをかけるみね子

高子「そんなわけないでしょう。純粋に一緒に働きたい人かどうかそれを見てただけ。」

気が抜けたみね子でした。

あとがきと感想考察

高子の最終面接を敢えてラスボスと題しましたが、あながち間違ってもいないかと思います。

前回にも高子の恐ろしさ(昼間から人目を気にせず商店街に置いてあるイチコちゃんとの触れ合い)でだいたい解ってはいましたが、今回もラスボス高子の最終面接の回想シーンでも想像通りの恐ろしさでした…。やはり自分より可愛いものには敵意むき出しの高子さん。

高子が言った言葉「そんなわけないでしょう。純粋に一緒に働きたい人かどうかそれを見てただけ。」

佐藤仁美を擁護のつもりのシナリオに仕立てたのでしょうけど余計恐怖感は増しましたね。

さあこれからみね子の新しい人生がスタートしますね!

明日は、愛子さんに報告の回になるのでしょうか。

次回のあらすじ

すずふり亭のホールで働けることになったみね子(有村架純)。鈴子(宮本信子)が新しい住まいとして店の裏にあるアパート「あかね荘」を紹介してくれることに。

無事にすずふり亭のホールで働けることになったみね子(有村架純)。鈴子(宮本信子)が新しい住まいとして店の裏にあるアパート「あかね荘」を紹介してくれることになった。翌日、親代わりを買って出てくれた愛子(和久井映見)と一緒に、再びすずふり亭を訪ねるみね子。お礼の挨拶も早々に、鈴子は2人をあかね荘へと案内する。かつては赤坂一の美人芸者だったという大家の富(白石加代子)は超個性的な人物だった…。
引用:Yahooテレビ

次回はまた追加キャストが登場するんですね!

追加キャストはこちら→ひよっこ10週~のキャスト

愛子さんが登場するのもそそそろ貴重になってきますよ…

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください