大津市中心部で信号機の謎の不具合の原因は何?イタズラか?




数十年前に、アマチュア無線をしてる人が羨ましく思ってた時期もありました。

結局、免許も持っていないので法に触れるのが怖くてなにも出来ませんでした・・・。

どーもどーもどーも!!@NetaboxBearです。

 

前回の、クリス・グレンさんの代名詞の言葉が気に入ってしまっているのでこれから使っていきますw

 

先日、SNSで知ったありえない速さで変わってしまう信号機の事を知ったばかりで

もし事故が起きたらどうするの?と思っていたら、かなり前から事故は起きてたんです。

この事故の賠償が県が持つと報じられました。

今回は、未だ原因が解らない信号機に不具合を起こしている原因について考えてみたいと思います。過去に聴いたりしたことも合わせて考えていきます。

参考ニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000501-san-soci

概要

原因不明の事態に陥ってる信号機は滋賀県大津市島の関の通称「島の関西交差点」。

信号機が突然黄色と赤色の点滅に変わってしまうという・・・。

2016年8月25日午前7時45分ごろ県道を走行していた大津市の女性の乗用車と、市道を走

行していた同市の男性の乗用車が衝突した。女性は打撲などで1週間の軽傷を負った事故で滋

賀県はそれぞれの乗用車を運転していた計2人に対し、損害賠償金152万2758円を支払う方針。

事故当時の運転者や目撃者の証言などによると、事故当時、市道側の信号は、青

色から「通常では考えられない速さ」で黄色、赤色に変わった。県道側は直進を許可する矢印

信号に変わったという。

実は、事故が起きる数日前の2016年8月10日ごろ、市道側の信号が赤から青に変わらないと通

報があり、信号機のメーカーは事故後の8月30日、信号機の部品を交換。

その後不具合は起きていなかった。

近所の人の話によると・・・

右折する時信号が直ぐ変わる為に1・2台しか進行出来ない。

事故はしょっちゅう起こっている。

先月中旬にも信号機の制御盤を新しいものに交換しているが、7回もの不具合が起きている。

道路の交通信号機の設置者は誰?管理者は?

画像はイメージです。

先ず思いつくのは国土交通省だと思う方もおられるでしょう。しかしそうでは無い。

解りやすい記述がありましたので抜粋します。

道路には大きく分けて二つの管理者がある。道路管理者と交通管理者の二つ

道路管理者は国、県、市町村の各の道路をつくり、且つ維持・修繕等を行う、要するに道路自体を管理するところ。

交通管理者は道路を利用する側の通行の管理を行う警察です。

具体的に言うと、橋・トンネル・舗装など、道路本体及び道路案内標識は道路管理者の管轄。

交通規制標識・信号機等は交通管理者が各々整備をするということになっています。

信号機の設置は各都道府県の公安委員会、つまり、警察に権限があります。

参考文献:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/607504.html

市区町村道、都道府県道、国道に関わらず。

最初、この件を知った時はてっきり信号機を作ってるメーカーに責任問題いくなと思ってたん

ですけどね~

県にいってからそこからメーカーとかに責任転嫁していくのかも。

信号機の不具合の本当の原因は何?

過去にアマチュア無線(CB無線とも言う)に興味持ってた事があると冒頭に言いました。

その時にも後にも聞いた事があります。

強力な電磁波によって不具合が起きているんじゃないの?

映画とかで見られるハッキングによる信号操作も考えられますね。

アマチュア無線やパーソナル無線(CB無線とも言う)を高出力で使うと信号操作も可能と聞いてきました。

実際に目の前で見たことはありませんが、長距離トラック運転手が違法に電波を飛ばして信号を都合の良い様に操作出来るみたいです。

例えば信号機のシステムは一括で広域センターで管理されていますが、信号機の下にある箱には制御盤がありますが、そこで制御出来るのは大まかな切り替えのみでシステム自体は一括制御である。

この話は都市伝説かもと思っていたが、あながち噂でもないかもしれないと思わせる記事を見つけた。

記事本文を転載するとかなりコアな内容になるので、自分の解釈で紹介します。

指定暴力団幹部がある事件を起して岐阜で逮捕されたが処分保留になり釈放、組関係者と車30

台もの出迎えがあり、釈放されたその足で岐阜から神戸まで車で移動する際に警察が道中にト

ラブルが起きない様に全ての信号を青にしたとされている。あくまでも噂に過ぎないそうだ

が、噂が出るということはあながち無かった事実でもない。

参考文献:http://r-zone.me/2016/08/post-1690.html

魔法の箱 デコデコ?

画像はイメージです。

2016年に公開された映画『64-ロクヨンー』でも、身代金を積んだ車を前もって待機させておいた警察官に信号を青にさせて(全青)、スムーズに走らせるという印象的なシーンがあったが、実は少し前までは一般人でも同じように全青ができたというのである。

やはり映画でも使われるほどなんですね!

この記事にも書いてあるが、運送業界ではこの違法操作は有名だそうだ。記事を見て思い出し

たが、水産物を運んでいるトラックはスピードが命みたいなとこもあって信号に引っかかりた

くは無い!その方法はCB無線を使っての信号操作・・・。

もちろん、ただCB無線を搭載しただけでは、赤信号を勝手に青信号に替えることなどできない。

 まずは、CB無線の出力を上げなければならないらしい。その方法は、はっきり言ってしまうとお金だという。値段が高いデコデコ(DCDC)と言われる電圧調整器と真空管アンプを購入し、CB無線の電圧を上げるようだ。

信号が近づいて青にしようと思ったらハンドマイクをオンにすると、前方にハイパワーの強い

電波が出力され信号が変わる。

これを日常的に使用してると電磁波により頭が禿げるという・・・

表だって流通しているデコデコ(変圧器)は料金はリーズナブルで売られているが、闇ルートにあるものは高額ということだ。

参考文献:http://r-zone.me/2016/09/post-1697.html

まとめ

滋賀県大津市で起こっている原因不明の信号機の誤作動について調べてみました。

◆信号機の不具合により事故は度々起きていた。その事故により、滋賀県は損害賠償金を支払う見込み。

◆信号機の不具合の原因は違法電波によるものではないか。

損害賠償問題になった事故が死亡事故にならなかったのは幸いだったと思います。

一刻も早く原因を追求して改善をして欲しいところだ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク