イマドキガールの涼海花音が英語が上手いのはなぜ?




毎日、早起きの管理人です。

朝は、決まって5時30分に予約タイマーでめざましテレビと共に起床します。

新年度になって、めざましテレビのコーナー

最新トレンドを紹介する「イマドキ」!のイマドキガールも新しくなってます。

先日お伝えした井上苑子さんもメンバーに入ってます。

今回は今朝から初お目見えの涼海花音さんにスポットを当てていこうと思います。

イマドキガールとは?

「イマドキ」は、フジテレビ系列「めざましテレビ」で6:45頃から6:50頃の間に放送されるトレンド情報コーナーを紹介する女性達をイマドキガールと呼ばれています。

現在の、「イマドキ」の名称になるまでの経緯は今から22年前にさかのぼります。

1995年4月に「えっ 知らないの~? って言われたくない」という名称(コーナー名)でスタート。その後、

1999年頃:ちょっといいかも!? 早耳ランキング

2000年頃:早耳ムスメのトレンド一番のり!

2001年春頃~2007年3月30日:早耳トレンドNo.1

2007年4月2日 – 2012年3月30日:MOTTOいまドキ!

2012年4月2日~:イマドキ

コーナー名は変わってきているが、内容はほぼ同じ。

歴代のイマドキガールはこちらに詳しく掲載されています↓

Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

涼海花音のwiki風プロフィール

出典:https://news.dwango.jp

名前:涼海花音(すずみ・かのん)

愛称:すずみん

生年月日:1999年12月28日(17歳)

出身:ロサンゼルス 現住所:埼玉県

身長:164.5cm

体重:推定40kg台?

血液型:不明

特技:英語を話すこと・料理・長距離走

事務所:avex

性格については自分のTwitterにて

涼海花音さんは日本人離れした現役高校生の17歳。なんと8頭身だそうです。

幼少時代から中学2年生までLAで育ち2013年に日本に移住した、LA帰りの帰国子女。

帰国した当初は日本語が出てこなくて友達つくりに苦労したそう。

モデルデビューは、ティーン誌「Ranzuki」にてデビュー。

2015年9月「東京ガールズコレクション」で行われたオーディション「TGA(TOKYO GIRLS AUDITION 2015)」で2万人の中から「NYLON賞」・「Ranzuki賞」を受賞し、「NYLON JAPAN」のレギュラーモデル、2016年に休刊した、「Ranzuki」のウェブマガジン『日刊

Rankzuki(ランズキ)』でモデルとして活躍中。

出典:https://news.dwango.jp

2015年12月にEテレ 「Rの法則」の第7期生に選ばれた。

2017年4月よりフジテレビ系の朝の情報番組「めざましテレビ」のイマドキガールとして出演している。

英語が上手いのはなぜ?

ここまでご覧になったならもうお分かりでしょう。幼い頃からアメリカのロサンゼルスに滞在されていたのですから英語は得意中の得意です。

過去にTwitterで自己紹介した動画でも話題を呼びました。

上手いのも当たり前です!英語検定でも準1級を取得しているそうです。一説には準1級は短大卒業レベルとか言われていますし、ちなみに1級は4大卒レベルとか・・・

まあ、アメリカで過してた涼海花音さんには日常レベルだったんでしょうね。

涼海花音さんのyoutubeチャンネルでも上手な英語を披露されていますよ。

Kanon Suzumi

 

まとめ

2017年4月よりめざましテレビのイマドキガールに選ばれた涼海花音さんにスポットを当ててきました。

めざましテレビのイマドキガールは藤田ニコルさんや飯豊まりえさんを輩出しています。確実に今後も注目されてくるでしょう。

得意の英語を活かして活躍していって欲しいですね。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク