坂本美雨の娘の名前は何?本名はなんていうの?




春なのに、突然の雪で冬に逆戻りな地方に住む管理人です。

ふとトレンドワードに坂本美雨の名前が・・・

どうやらこれの影響みたいです。

参照:http://www.cinra.net/news/20170308-quartet

実は、話題になっているものの一度もこのカルテットといドラマは観たことありません。

しかし、坂本美雨の名前はたまにFMを聴いていて名前を聞くんですが、そこまで興味も無かったので調べることもしませんでした。

参照:http://www.tfm.co.jp/dear/

ふと、調べたら驚く事実が!!

今回は、坂本美雨さんのプロフィールや演技経験はあるのか等調べていきたいと思います。

坂本美雨のプロフィール

出典:@miusakamoto



本名:坂本美雨(さかもと・みう)

生年月日:1980年5月1日(36歳)

職業:歌手

事務所:promax(プロマックス)

公式サイト:坂本美雨オフィシャルサイト

経歴見ると音楽方面で活躍されているんですね。
自分が知ってるのはFMでしかなかったので。

坂本美雨さんのお父さんは、あの超有名な坂本龍一さん!

母親はシンガソングライターの矢野顕子さん!

めちゃくちゃサラブレットです!!

9歳の時に家族でアメリカのニューヨークに移住し、高校卒業までは海外で過した為、英語と日本語のバイリンガルだそうです。

名前の「美雨」は突然変異を意味する「ミュータント(mutant)」に由来して父・龍一さんが付けたそう。

坂本美雨さんのデビューは1997年に「Sister M」名義で父・坂本龍一の「The Other Side of Love」この曲はドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』の主題歌でした。

「The Other Side of Love」はドラマの影響もあってかCD売り上げが70万枚を超える大ヒットを記録。

当時、ドラマを観てましたが、そんなことなんて知らなかったです。

坂本龍一さんが中谷美紀さんの為に書いた曲で、たまたま娘の美雨さんに歌わせたところイメージとピッタリ合ったので起用されたそう。

映画やCMの楽曲を手掛けるなど活躍の場は多い。音楽活動の傍ら演劇出演、ナレーション、執筆も行う。

スポンサーリンク

猫愛っぷりが異常

出典:ネコ吸い 坂本美雨



坂本美雨さんといえば猫と言われるくらいの坂本美雨=猫状態なんです。

坂本美雨さんの公式サイトでもいきなり

坂本美雨オフィシャルサイト

なぜ、猫愛過ぎるのか、その理由がこちらにありました。

「物心ついた時からずっと猫がいたんです。7歳の時に拾った猫をNYに連れて行って、亡くなるまで20年一緒に暮らしていました。名前は『タビ』といって、雑種でしたが白くてとてもきれいな猫でした。NYで暮らし始めてしばらくすると、日本に帰国する人から“猫を連れて帰れないので預かって欲しい”と言われ、結局4匹まで増えてしまい、しばらく大所帯で暮らしていました。おととしまでの3年間で立て続けに3匹が亡くなり、今は『ちーず』という名の1匹だけが残っています。ずっとその子たちと暮らしてきたので、日本に部屋を借りても自分の新しい家庭を作る気になれなかった。飼いたいけど“心は実家の猫とともにある”という感じでした」http://ilove.cat/ja/1332

という記事がありました。

幼い頃から猫と共に暮らしてきたんですね。

この記事が2011年時点での事ですから現在の猫ちゃんのことではないですね。

現在の猫「サバ美」との出会いは里親募集サイトでNYで暮らしていた時の「タビ」に似た猫との出会いが「サバ美」だったそうです。※http://ilove.cat/ja/1332

自分も猫と暮らしているので興味深く記事を読んでしまいました。

坂本美雨さんは動物やペットの保護団体

FreePets?ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会(通称ふりぺ)」といTwitter発祥の団体に所属されています。

ペットと呼ばれる動物たちと暮らすことは、「飼い主」である人間に大きな喜びをもたらします。人間は、そんな喜びを与えてくれる動物たちの命や幸せにしっかりと責任を持つ。人間も動物も幸せになれる社会が実現してほしい。http://freepets.jp/about-freepets/

という理念の元に活動してる団体です。

その他にも、一般社団法人 「ランコントレ・ミグノン Recontrer Mignon」のボランティアとして動物愛護活動も行い、東日本大震災の被災動物の救援活動にも熱心に携わった。

普通、猫が好きというだけでこのような活動はなかなか出来ません。

一匹でも悲しむ猫がいなくなりますようにとの思いが伝わってきます。

自分の愛猫だけじゃなく全ての猫にも気を配ってるなんて坂本美雨さんは愛猫家の鏡といっていいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

坂本美雨は結婚している?

出典:画像元



2014年にTwitter(@miusakamoto)にてブックディレクター兼編集者と入籍したことを報告。

夫の名前は山口博之という方だそうです。ということは本名は山口美雨

結婚報告をした時の坂本美雨さんのコメントはこちら

生まれてきてから今まででいっちばんいいことが起きて、一緒に生きていく伴侶に出逢えました。こんなに毎日ネコネコ言ってる“ネコ吸い妖怪”でも受け入れてくれる(笑)、とても寛容な人です。

彼とサバ美と家族になれることが、嬉しくて、まだ信じられないくらいなのですが、今までずっと支えてくれた方々に、感謝でいっぱいです。

これからは、笑いとネコに溢れた、みんなが家に遊びに来たくなるような楽しい家族になっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします!
※http://natalie.mu/music/news/110982

とてもお似合いですね。

 

 

名前はなまこちゃんというそうです。

TwitterやInstagramでハッシュタグ『#今日のなまこちゃん』でタグ付けされていますけど

果たして本当になまこちゃんなんでしょうかね。

調べてみるとなまこというのは胎児ネームということです。美雨さんの中では生子という漢字まであるとのこと。

お子さんが生まれた時の第一声が『ニャー』に近い『ミャ』だったので、ほぼネコ認定です」という投稿があった為、ファンの間では「ミヤ」ではないかと噂になっていますね。

あくまでも推測ですが、猫に関係する名前じゃないかと思います。

さらに、近年では、芸能人のお子さんの名前をプライバシーやセキュリティー上の理由で公表しない事例も多く、坂本美雨さん夫妻もそれらの思いもあってなまこちゃんで通してると思われます。※公表されしだい更新します。

スポンサーリンク

坂本美雨が出演するカルテットとは?

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人によるラブストーリー。偶然出会った30代独身の4人が、ある理由で長野・軽井沢にある別荘で一冬の共同生活を送る。全員が弦楽器を演奏することができ、弦楽四重奏のカルテットを組む。ただ、それぞれが秘密を抱えており、サスペンス的な要素もある人間ドラマ。

 

第9話あらすじ
大菅(大倉孝二)から真紀(松たか子)が全くの別人だったと告げられた鏡子(もたいまさこ)。警察が真紀を捜査していると知り、激しく動揺する。

一方、真紀らの元に、別荘の査定見積書を持った不動産鑑定士が現れる。売却話が出ていたにも関わらず、真紀、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)に黙っていたことを謝罪する司(松田龍平)。不安に思う3人に対し、司は自分がなんとかするので少し時間をくれと申し出る。

別荘問題はあるものの、ドーナツホールの夢を語らい、古くからの友人のような家族のような生活を送る4人。
そんなある日、真紀の元へある人物がたずねてきて……。

「私、早乙女真紀じゃないんです……」
真紀は一体何者なのか?

坂本美雨の演技経験は?

坂本美雨さんは音楽やナレーションでは馴染みありますが、ドラマには出演されていないように思われます。しかしながらドラマ以外ではテレビでの出演経験はあります。

一体どういった役で登場するのかファンは楽しみでしょうね。

今回の記事のまとめ

いかがでしたでしょうか、TBSの火曜ドラマカルテットに出演することになった坂本美雨さんについて調べてきました。

・坂本美雨さんは2014年に結婚されています。

・夫はブックディレクター・編集者の山口博之さんで現在35歳(2014年3月時点で32歳だった)

・娘さんの名前は公表されていません!出回ってるなまこちゃんは胎児ネームだそうです。

・演技経験は舞台やドラマ以外のテレビ出演はある。

ドラマを最初から観ている人や坂本美雨さんのファンには3月14日放送が楽しみでしょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)