ホワイトデー2017で義理チョコのお返しは必要?相場はいくらがいい?




2月14日バレンタインが終われば一ヶ月後にはホワイトデーがやってきます。

社会人になって会社や職場で貰うチョコはほとんどが義理であり、日頃の感謝の意味合いでもあるでしょう。

貰った側からすると、貰った嬉しさよりもお返しの事を考える方もおられるのではないでしょうか?

ちなみに管理人も嬉しさ半分で、お返しの心配をしてしまう方です^^;

毎年貰える相手は決まっているので、前は何をお返しに渡したのか思い出しています。

バレンタインデーにチョコを渡す風習の起源は?

日本チョコレート・ココア協会によると・・・

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされています。
バレンタイン司祭は3世紀のローマの人。
一説によると、当時の皇帝クラウディウス2世は、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。これに反対したバレンタイン司祭は、皇帝の命に反し多くの兵士たちを結婚させました。このため皇帝の怒りをかい、ついに殺されたということです。この殉教の日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は聖バレンタイとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日とされているそうです。

日本でのバレンタインデーにチョコレートを送る風習は・・・

1958年(昭和33年)2月メリーチョコレート会社(東京)は新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出した。3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけであった。

・翌年(1959年)ハート型チョコを作った。「女性から男性へ」という殺し文句を作ったのもその頃。

・1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られた。神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからという。

・1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られた。神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからという。
参考:http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/valentine/v01.html

昭和30年代後半には、バレンタインデーを積極的に売り出す動きも出てきます。

1960年(昭和35年)に森永製菓が、バレンタイン広告をメディアを通じて行い、チョコレート販売を積極的に販売していきます。

当時は、バレンタインチョコレートを購入した人に劇場に招待したり、景品には当時大変貴重だった腕時計をプレゼントという特典を付けていました。
ハート型のチョコレートが登場したのもこの頃。

多くのチョコレート会社が「バレンタイデーにチョコレート」の販売戦略を進めていくうちに、昭和40年代末から50年代にかけて、女性の心を捉えて徐々に盛り上がり、今日のように盛んな行事になったと考えられます。

次にホワイトデーの由来はいつからなのかをみていきましょう。

ホワイトデーの由来

簡単に言ってしまうと、ホワイトデーは日本で生まれた文化です。

韓国・台湾等の東アジアの一部では習慣化されているところもありますが、

バレンタイン発祥の欧米ではホワイトデー自体は知られていません。

ホワイトデーはお返しの意味合いもありますよね。

このお返しが日本特有の文化なんです。

昔から、日本人は、義理堅く、何か貰ったら、お返しをしないと気がすまない国民性を持っています。

祝い事やお葬式の香典に至るまで、何かを貰ったら必ずお礼のお返しをします。

こういった日本の風習が現在のホワイトデー=お返しとなったんですね。

義理チョコでもお返しは必要?

義理チョコの意味合いを調べてみると・・・

恋愛感情を伴わない男性に対し、日頃の感謝の気持ちを込めて、またはホワイトデーの返礼を期待して、贈答するチョコレートのこと。

という記述がある通り、少なからずホワイトデーでのお返しを期待する女性もいるそうです。

自分の見解では、義理チョコでも自分の株を上げる・維持する為にもお返しは必要だと考えます。

自分が義理チョコを貰ってどう感じたかによって変わりますけど。

義理チョコでもバレンタインデーに貰って嬉しく思った人はお返しをした方が良いですよ。

お返しをしないよりは、人間関係も必ず良くなりますしね。

では、どれくらいのお返しをすると良いのでしょうか?

お返しの相場は一般的には貰った義理チョコの2倍程度だと言われています。

義理チョコの相場は高くても1000円はいってないと思われます。

およそ500円程度でしょう。

そうなると1000円程度のものをお返しとして渡せば良いという事になりますね。

しかし、何故かホワイトデーのお返しはセンスが求められる傾向にあるようです。

ここからは自分が過去に義理チョコのお返しとして送ったものを紹介していきます。

ホワイトデーのおすすめ

自分が今まで義理チョコとして貰ってきたのは、職場の同僚・義母・知人ですね。

自分の考えとしては値段よりもセンスを優先に選んできました。

それでも、値段はあまり高額にならない程度は念頭において。
(あまり高額になると相手も困ってしまいます)

ホワイトデーに送るものは形の残らないものにするのが良いでしょう。
(後々相手が、処分に困らないように・・・)

以上の点を踏まえて選んできました。

昔は、お返しの定番のキャンディー・マシュマロ・クッキーをチョイスしていました。

しかし、最近はネットで色んなものを選べる時代になってきました。

神戸苺トリュフ

値段も1000円以内で見た目にも珍しい商品です。

義理の母に送りました。やはり珍しいということで、料理好きなお義母さんも喜んでくれました。

ホワイトデーの二週間前に注文しました。

 

魔法の壷プリン

 

これは、嫁に送りましたが、自分も食べてみたかったので思い切って購入しました。

値段は貰ったチョコの2倍以上になりましたが、感動してくれたので良かったです。

ホワイトデーの二週間前に注文しました。

林檎スイートポテト&チョコまつば

 

 

こちらは気になってた商品です。

今年のお返しの候補入りです!

かなり安価なのが・・・

ワッフルケーキ

 

これは、何年か前に嫁に買ってあげたものですが、当時はこのようなタイプは珍しくて喜ばれましたよ。

何れにせよ、まだまだホワイトデーには十分間に合います。

ホワイトデーまでに自宅に届く様にしてホワイトデー当日に渡すのも良し。

サプライズ狙いで本命の自宅に届くように手配するのも良いですね。
(相手の住所を知っていればですけど)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・ホワイトデーにお返しは必要です。

・お返しの相場は貰ったチョコの2倍程度(自分の気持でプラスα)

おすすめに紹介しませんでしたが、珍しい詰め合わせのクッキー等を職場で配るのは止めておいた方が良いかもしれません。

やはり、個別にお返しした方が特別感は与えれると思いますので。

ホワイトデーに相手に好印象与えられることお祈りしますm(__)m

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.