VR Omni の日本での購入方法と体験できる場所はどこ?ゲームソフトは何?




VRと言えば少し前に話題になったプレイステイションVR(PSVR)が思い浮かびます。

テレビで歩けるVRというのが紹介されていました。赤ちゃんの歩行器のようなものの中に入ってVRのゴーグルを装着してゲームをするVR Omniというものがジャパンアミューズメントエキスポ2017(JAEPO2017)で公開されたそうです。

JAEPO 2017は2月10日~12日まで

VRとは?

VRはvirtual reality(バーチャルリアリティ)

virtual:日本語では「仮想」、「現実ではない別の空間」という意味。

reality:日本語では「現実」、「私たちが経験するもの」という意味。

簡単に言えばVRとは、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR 体験者の身体が投影され、本当にその空間へ入り込んだ様に感じる。このような技術をVRと言われている。

VRの特徴は

私達はスマホの画面をタッチしてスマホを操作できる。
キーボードやマウスでパソコンをコントロールできる。

バーチャルリアリティを体験するために、「VRヘッドマウントディスプレイ」
更には「VRグローブ」などが必要となる。

VRヘッドマウントディスプレイとVRグローブ

VRの視覚効果は3Dとほぼ同じだが、3D映画の概念とは異なる。3D映画を見るとき、スクリーンを見るとき3D効果を感じるが、天井と地面を見ると3D効果は消え、すぐ3Dから現実へ戻る。
VRの場合は、VRヘッドマウントディスプレイと組み合わせ、360度3D世界に入り込むことができる。

VR 「Omni」とは?

VR Omniは正式名称「Virtuix Omni」とも言われます。

Virtux(テキサス州ヒューストン)社製のVRで歩けるデバイス「Virtuix Omni」は、VRの中で実際に足を動かして歩くことのできるデバイスです。市販のVR ヘッドセットと組み合わせて使うことで、あたかも自分自身がゲームの世界に入り込んだような感覚でプレイできることが特徴。

床部分をユーザが専用シューズで、滑るように歩くことで、信号が送られ、現実空間の動きをゲーム内へ反映することができます。

腰の周りに輪のような装置を取り付けられている。向かいたい方向に向かって歩くと、当然輪っかで固定されているためリアルに移動はできないが、ゲームの中では動きたい方向に移動することができる。

すり鉢状の床面を専用の靴を履く事によってすり足で動かすことによってバーチャルの中では動くことが可能。

 

ゲームソフトの種類

Virtuix Omniで遊べるゲームソフトはどの様なものがあるのか調べてみました。

公式Twitter@VirtuixOmni

GTAV

Minecraft

Battlefield 4

Virtuix Omniの醍醐味と言っても過言ではないでしょう!

FPSの王道バトルフィールド4も遊べるみたいです。
>>>動画リンク

今回のJAEPO2017にて展示されてたJAEPO2017でのVR製品の展示のまとめ動画

動画を観てみると、「VR SENSE」の方が先に登場してくるでしょうね。

製品情報・価格

製品概要

・種別:クラウドファンディング商品
・カテゴリ:ゲーム,バーチャルリアリティ(VR)
・製品名:米Virtuix社製歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」セット
・開発製造:米Virtuix Holdings社 http://www.virtuix.com/
・販売:株式会社ドゥモア
・価格:通常価格168,000円
・販売方法:直営店「ドゥモア・ショップ」の完全予約制
・販売用URL:http://domore.shop-pro.jp/?pid=103934724

注:購入の際は以下をご覧いただき自己判断でお願いします。

製品仕様

・対応デバイス:Oculus Rift、HTC Vive、Gear VR、XBOXなどのワイヤレスコントローラ、パソコン
・本体サイズ:W140×L139×H89cm
・本体重量:130kg
・ユーザー対象身長、体重:142~195cm、130kgまで
・ハーネスサイズ:小/中/大
 小:ウエスト 60~73cm
 中:ウエスト 76~94cm
 大:ウエスト 97~112cm
・シューズサイズ:21.95/22.78/23.5/24.4/25.4/26/27/27.9/28.6/29.4/30.2/31cm
・接続方法:Bluetooth
・機能:ゲーム、バーチャルリアリティ(VR)空間での360度全方位の歩行、走行、方向転換、かがみ、ジャンプなどの操作
・セット内容:本体×1、専用シューズ×1足、トラッキングポッド×1セット、ハーネス×1
・保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)。

意外と買えそうと思った方もおられるかもしれません。

しかし、個人で購入出来ても実際は簡単なことでは無いように思います。

設置場所の問題・騒音対策など

現実問題はアーケード専門の様に思いました。

JAEPO2017のVRゾーン・Omni Arenaの様子

 

この様子を見ると完全にアーケードゲーム専用じゃないですか!!

これらを踏まえて実際に体験出来る場所はないかと探ってみると・・・

体験出来る場所は?

大きなゲームセンターに導入されないのか?と探ってみるとある施設に辿りつきました。

VR Centerなる施設がありました。

ここなら導入の可能性は大いにありそうです。

※今後、導入情報が入り次第追記します

まとめ

いかがでしたでしょうか。

昨年(2016年)はVR元年と言われるほど様々なVR製品が登場しました。

2017年千葉の幕張で開催されたJAEPO2017ではVirtuix Omniが実際に体験することが出来ました。

調べるとVirtuix Omniは結構な運動量になるみたいなので、ちょっとしたダイエットマシンとして登場してくるかもしれません。
一説によると、「1時間のプレイで3~3.5マイル(4.8~5.6km)歩くことになり350~400カロリーを消費する」との記述も。

個人での購入は現実的では無さそうに思いますが、今後は確実にアーケードゲームとして登場してくるでしょう。

Virtuix Omniで遊べるゲームはGTAVMinecraftBattlefield 4

その他のラインナップは公式サイトにも沢山掲載されていますよ。

 

管理人はVRには興味ありますが、怖い系はダメな身体になってしまったので無理です。

しかし、ガンダムのこちらは興味はあります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.