JASRACが音楽教室からも著作権料徴収でネットの反応は?委託するメリットは?




こんにちは!音楽はもっぱら外国のPOPSを好んで聴く管理人です。

なにやら話題になってるJASRACが音楽教室に著作権料を徴収するよ!という件について思うところがあるので書かせていただきます。

自分は音楽は聴く専門なので大したことは言えません。

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi

JASRACとは?

出典:JASRAC

JASRACJapanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers ”社団法人日本音楽著作権協会”)とは、日本の著作権管理団体である。

ざっくり言うと、日本の音楽関連の著作権管理業務をほとんど独占。
一つ一つ作詞者・作曲者・歌手・出版社に許可とか利用料交渉しなくていいからJASRACに任せなさいという団体ですね。

演奏権とは?

公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりすることを演奏権といいます。

例えば、コピーバンドで考えるとわかり易いでしょうか。リスペクトするアーティストの楽曲を練習して弾きこなせるようになり、あまり多くは無いにしても人の前で演奏したとします、この楽曲の著作権者(リスペクトするアーティスト)からすると「何を勝手に私の曲を弾いてるんだ。君たちみたいな腕前では弾かせたくない!」とか「お金を払ってくれれば弾いてもいいよ」と考えるのが自然かと思います。ここで働くのが演奏権ということになります。

こうなると自分が車の中で熱唱するのも演奏権侵害に当たるの?と考える方もおられるかもしれません。安心してください!「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として」という制限が付いているので、複数の他人に聞かせる目的が無い場合は権利の対象外となります。

今回の騒がれてる論点は

JASRACは音楽教室に通う生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。

権利の切れた曲もあるが、まだまだ、JASRACが所有する楽曲も使ってるでしょ?
だから著作権料を年間受講料収入の2・5%払ってね。
2018年1月から徴収したい。

と、いうことです。
参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi

公衆の定義は?

Wikiによると、公衆(こうしゅう)とは共通の関心で結ばれている組織化されていない集団である。
つまり、音楽教室に通う人は、「音楽を学びたいという関心で結ばれている」から公衆にあたると・・・。

JASRACの醜態

そもそも、以前からJASRACについては散々問題視されてきました。

なぜこんなに話題(騒ぎ)になるのか調べてみると・・・。

徴収した著作権料がちゃんと権利者に渡らず闇に消える。

・「幼稚園の演奏会で児童がハンドベル演奏をしたら、著作権使用料を要求された」

・「ピアノバーでJASRACの調査員からリクエストされた曲を引いたら、著作権使用料を請求された」

・「自宅のオーディオで音楽を聴いていたら、家の外でも聞こえる!不特定多数に向かって放送している!著作権使用料を!!」

・「障害者の福祉施設でボランティアによる演奏会(営利目的ではない)にまで著作権使用料の請求が」

・自分で作詞した歌詞を自分のエッセイでも使った所、JASRACから著作権使用料の請求がきた」

これらは様々なところで囁かれています。

にわかに信じられませんでしたが、これが現実だったようですね。

JASRACに入るメリット

著作権団体(JASRAC)へ委託するメリット

・一般利用者及び文化庁が指定した法人利用者から著作権使用料を徴収できる

・一般の楽曲利用者、飲食店、放送局、カラオケ会社、有線、海外の著作権団体徴収分など

簡単に言うと、代理で著作権料を回収してくれるということですね。

逆に著作権団体(JASRAC)へ委託しないメリット

・著作権者が申請せずに楽曲を自由に利用できる

・著作権者がコピーレフトを明記することで一般利用者へも自由に利用させることが可能。

まとめ

今回論点となるのは音楽教室の生徒が公衆にあたるのか?ということです。

少人数の生徒への教室の利用が「公衆に聞かせるための演奏」になるのか?

音楽教室の生徒が、「聞かせるための演奏」になるの?

音楽教室も教育施設ではないの?

こんな不条理が通ったら教室の月謝が値上げされてしまうわけですよ。

まあ。回収のしやすい大手の教室から徴収の予定ということですが、何れは個人の音楽教室も標的にされてしまうんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

良ければ他の記事もどうぞ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.