泳いできたイノシシに噛まれ男性が重傷!イノシシは泳ぐのか?




【動画有り】イノシシ大暴れ、4人重軽傷 滋賀・彦根城の遊歩道このニュースについて

自分はテレビのニュースで知りました。

ここはいつも通る場所なので良く知っています。

先ず、なぜ?彦根に?と思いました。最後まで聞いてみるとなるほど~と思いましたけど。

イノシシの襲われた現場は・・・

Google MAPで場所を確認

彦根市尾末町の遊歩道とのことなので地図の赤線の場所だろうと思います。

さらに襲われたのが、ウォーキングや釣りに来ていた男性4人にイノシシ1頭が次々と背後から突進しました。不意打ちですね・・・。

釣り愛好家では有名なスポット

 

現場の周辺は一年通してブラックバス釣りの有名なスポットです。雨の日も雪の日も沢山の釣り人でいっぱいです。

なぜ?こんなところにイノシシが現れたのでしょう?

この当たりは山からは遠くある意味都会に分類されます。

それなのにイノシシが現れて襲われてしまったのは・・・

泳いできた!?

出典:yahoo.co.jp

この釣りスポットは琵琶湖から直結してる彦根城の外堀(航空写真の左上は琵琶湖に繋がっています)

イノシシは泳げるのか?

そもそもイノシシは泳ぐことができるのだろうか?

調べてみると・・・2年前の2014年にイノシシが泳ぐ姿が捉えられていた。
記事によると、長崎県佐世保市の沿岸から南に約1キロの沖合で、1頭のイノシシが波に揺られながら泳いでいる様子を、海上保安庁の巡視艇の乗組員が発見。ビデオカメラで約3分間にわたって撮影したとのこと、イノシシは臆病なので市街地に出てくることはあまりない。

イノシシの生態に詳しい専門家によると「他の哺乳類同様、ある程度の泳力はある」そうだ。

イノシシは体長1.4メートル体重は約100キロのメスで、噛み付いたあと住宅街の方向に逃げましたが、怖くなってまた川に逃げ込んだそうだ。
現場付近は彦根城下で観光客も多い場所である。

一旦捕獲を試みたそうだが、観光客や他の市民に被害が及ばないよう射殺したとのことだ。

幸い襲われた男性達は軽傷とあるが、市内に住む男性は左手薬指が壊死する重傷だそう。
壊死となると切断ということに・・・

まとめると

・イノシシは琵琶湖を泳いで外堀に入ってきてしまい人が怖くて襲ってしまった。

・噛まれたのはウォーキングや釣りに来ていた男性4人内1人は重傷。

・イノシシはある程度は泳げる。

イノシシも餌を求めて彷徨っていたのかもしれませんね。

射殺処分はかわいそうと思うが、仕方ない判断だったでしょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)