北陸新幹線も政治新幹線なのか・・・「小浜京都ルート」で決定!




北陸新幹線は2015年3月に長野~金沢間が開業しました。現在は金沢~敦賀間の建設に着手している。敦賀まで一気に開業させるか、途中の福井まで先行で開業してしまうかと議論中ですが、敦賀までのルートは決まっています。
参照:金沢駅から敦賀駅は平成34年度末(2023年春)の開業を目指し建設中。

しかし、敦賀~新大阪までのルートが確定していません。
議論に上がってたルートは大まかに5案ありました。
・米原ルート・小浜・京都ルート・舞鶴ルート(小浜舞鶴京都ルート)・小浜ルート・湖西ルート
このうち現実的に検討されはじめたのは
米原ルート
小浜・京都ルート
の2案に絞られて検討されてきました。

自分としても米原ルートで確定と思ってました。

小浜・京都ルートに決定!

下記NHKのニュースによりますと、与党の検討委員会が、「小浜・京都ルート」が適切だとする報告をまとめたことで、北陸新幹線の敦賀~大阪のルートが事実上決定したとのこと。

北陸新幹線の敦賀から大阪までの区間は、「小浜・京都ルート」と京都府北部の舞鶴市を経由して京都駅に向かう「舞鶴ルート」、滋賀県の米原駅で東海道新幹線に合流する「米原ルート」の3つが候補ですが、与党の検討委員会は北陸地方の各駅から新大阪までの所要時間が最も短いなどとして先週、「小浜・京都ルート」が適切だとする報告をまとめました。www3.nhk.or.jp

決定の理由として、石川・福井・富山の北陸三県が推したことに加え、運営主体のJR西日本も賛同したことが決め手になったみたいです。

やはり昔から言われている通り政治新幹線ってことですか。

我田引鉄

鉄道路線の敷設にあたって地元住民や政治家の介入が行われたことにより、路線全体の価値に悪影響が出ることを揶揄(からかうこと)した言葉。
自分の都合が良い様に物事を運ぶことという意味の四字熟語の我田引水。
政治家が自分の選挙区に票を多く集められる地域のことを「票田」というため、地元政治家による工作活動とかけて「が票道をく」と解釈されることも。

我田引鉄の例で挙げられるのは、岐阜羽島駅でしょう。

岐阜羽島駅は岐阜県羽島市にあるJR東海の駅で、名古屋駅と米原駅の間に位置する、岐阜県唯一の新幹線停車駅である。
しかし常々あんな中途半端な場所に新幹線が停まる駅があるんだろうと思っていた。
調べてみるとこんな背景があったみたいです。

地元出身の政治家・大野伴睦の力でできた政治駅だと言われており、駅前には大野夫妻の像がある。冬季の米原周辺の、いわゆる「関ヶ原越え」は豪雪による影響が大きく、新幹線運行が不通となる非常時における緊急退避設備として、名古屋駅と米原駅の中間になる位置に駅を建設したとも言われているが、実情は上記の通り。
駅の位置そのものは東海道線の名古屋駅と大垣駅それぞれから等距離になる位置を選んだとの事。
なお、大野伴睦は1964年10月1日の新幹線開業を見ることなく、同年5月29日に死去している。出典:hatena.ne.jp

子供の頃にはこんなこと知りませんでした。
元々、辺鄙な地域でしたが、近年やっと栄えてきました。

選定の理由事項

主に新幹線の導入理由に挙げられるのは所要時間も短縮です。

国土交通省が試算したデーターは・・・

ルート 建設費 費用対効果(B/C) 備考
小浜・京都ルート 2.07兆円 1.1 所要時間最も短い
米原ルート 0.59兆円 2.2 米原で乗り換え必要
舞鶴ルート 2.50兆円 0.7  

費用対効果が1.0を下回ると効果が投資に見合わない、おカネの無駄使いと判断される。
よって舞鶴ルートは除外されたも同然。

所要時間が最も短く、費用対効果も1.0を超える「小浜・京都ルート」が選ばれた。

米原ルートは建設費が少ないため費用対効果が高いが、米原で東海道新幹線への乗り換えが必
要となるため、時間短縮効果が少ない。
米原にはのぞみが止まらず、平日昼間はひかり1本、こだま1本の1時間に2本しか列車がないため、乗り換えの待ち時間も多くなる。

敦賀-新大阪間の所要時間と運賃で見ると

ルート 所用時間 運賃
小浜京都ルート 約43分 5380円
米原ルート 約1時間7分 6560円

所要時間も短くて運賃も安ければ決定にも文句付けられません。

米原ルートは、米原で乗り換えというのが懸念されましたね。

滋賀県で唯一新幹線が停まる駅米原ですが、現状の閑散とした状態はこれで暫くは発展しないんでしょうね。

非常に残念です。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

スポンサーリンク