東大生が一日を50円で売る?一体なぜ?




現役東京大学2年の高野りょーすけさんは東大に入学した後、勉強以外に取りえがない自分に嫌気がさし、ネットに自分の居場所をつくろうと、今年1月からブログを始めました、東大ブロガーですね。あえて留年し、ネタづくりのため、自分の1日を50円で販売することにしたそうです。

ちなみに、1日を50円で売るというのは、芸人の小谷真理(こたに・まこと)さんのアイデアに触発されたそうです。50円という金額は小谷さんが利用していた落札サイトの最低額です。

(株)住所不定ホームレス芸人小谷真理

芸人の小谷真理さんは、キングコング西野さんのところに居候していました。

ところが、家賃を滞納してしまった為に西野さんの部屋から追い出されてしまいます。

家なし生活を送ることになった小谷さんは、自分の1日を50円で売る企画をスタートさせたのです。

(株)住所不定ホームレス芸人小谷真理

高野りょーすけさんのプロフィール

東大生の1日を50円で買ってくれませんか?

1995      誕生

2007      入試に落ちる

2008      入試にすべりこむ

2014      入試にすべりこむ

2015     留年する,友達が童貞を卒業する

2016.01    ブログ開始

2016.03    一日を50円で売り始める。

2016.09 書籍化決定

2017.02.02

 →『現役東大生が1日を50円で売ってみたら』KADOKAWAさんより出版予定です..

どのような依頼がくるのか?

募集開始から3週間で60件くらいの依頼がきたそうです。(※2016年12月現在130件以上の依頼が来ている。)

男から添い寝の依頼があったり
(実際は嘘でドライブをしたそう)

発達障害の子と数学談議
発達障害の子供がいる母親から連絡があって、『ぜひ、息子と数学の話をしてほしい』との依頼。小学3年生の男の子と『フェルマーの定理』『モンティ・ホール問題』について談義。

ニューハーフのお姉さんとディズニーデート
お互い生まれて初めてのデート。 デート中、LGBTやそのほかの性的少数者の人たちは、13人に1人の割合でいると教えてもらいました。お姉さんは僕の倍の人生を知っている。

ちなみに交通費は全てりょーすけさんが払っているといいます。
※現在は遠方の場合、交通費は依頼主負担になっています

なぜ?一日を50円でということを始めたのか?

りょーすけさんは以前東京から大阪までヒッチハイクで行ったことがあって、そこで沢山の出会いがあって面白い話なんかもいっぱい聞けたので、これをもっと企画したらどうなるかなと。

人と出会うことが目的。元々大学でもボランティアサークルに入って、現地の人と触れ合ったりしてた。

人との縁を大事にしているりょーすけさん。今ではブログは1日15万PVをキープし、テレビ出演や書籍化なども決まっている。

 

東大生というブランド力と50円という破格の値段設定ということで気軽に依頼が出来るというのが魅力なんでしょうね。

あなたなら依頼してみたいですか?

東大生の1日を50円で買ってくれませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク