耳が聞こえにくいスタバの店員が接客したら・・・




スターバックスで「耳が不自由です」と書かれたバッジをつけた店員から接客を受けた、という報告がツイッター上であがり話題となっていますね。

スタバといえば神対応で度々話題になりますね。コップに励ましの言葉を書いてくれたり、寒い日に並んでいる客に暖かい飲み物をサービスしたりとその状況に合わせた柔軟な接客が素晴らしいんですよね。

田舎では店舗も限られていないのでほとんど行けませんが、たまに行くと毎回気分良くなってまた行きたくなります。

バッジをつけた店員は聴覚障害を持っているみたいです。ツイートによると接客サービスを受けて「まったく違和感がなかった」と書かれていた。

聴覚障害とは聞こえかたには一人ひとり、大きな違いがあります。「音量が小さくなったようになり、聞き取り辛くなる」「音質が歪んだようになり、音は聞き取れるが内容が聞き分けにくくなる」「補聴器をつけても音や音声がほとんど聞き取れなくなる」など、難聴の程度はさまざまで

バッチは義務付けではない

ツイッターで注目されたのは2016年11月28日の投稿。

このツイートは1万回以上リツイートされて注目を集めた。

これは素晴らしい!耳の不自由な人たちが働きやすい環境を作り、それでいて客にも違和感を感じさせない。スターバックスの会社のサーポートが余程しっかりしていないとこうはなりません。一緒に働く店員のサポートももちろんあるんでしょう。

スターバックスコーヒージャパンでは、従業員が障害者だというだけで特別な対応はとらないとの方針とのこと。
「大事なのはスタバ文化に同調してくれること。問題なく働けそうだと判断できれば店頭に立ってもらいます。業務内容のレベルを落とすことも基本的にはありません」

ということである。会社事態としては、聴覚障害を持つ店員に特別な教育や研修メニューを用意してはいない。

店舗ごとに、その現場のベストな方法で接客に関する指導をしているとのこと。
場合によっては、手話を覚えた店員がサポートするそうだ。

スターバックスの広報によると・・・

「『耳が不自由です』と表記したバッジをつける店員がいるのは事実です。バッジは会社として用意しています」
「耳が聞こえない店員に対し、バッジを着用するよう義務付けてはおりません。お客様に快適なサービスを提供したり、スムーズにコミュニケーションを取ったりするために必要だと本人が思えば、任意でつけてもらうようにしています」

スターバックスはこの店舗以外でも、耳の不自由な店員さんが働いている。

 

 

余談ではあるがNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロイン・芳根京子さんは店員にこんなメッセージで励まされたそうです。
出典:芳根京子のキョウコノゴロ

これは元気貰えますね!

海外ではアメリカ・フロリダ州にあるスターバックス。ドライブスルーを利用したのは、耳の不自由な女性に対して店員が手話で応対する様子が投稿されて話題になりました。
投稿先→こちらから

まだまだ身体の不自由な人が働く環境が整っていません。もっと多くの店や社会が、スタバのようにいろんな人たちが働ける環境になるといいですね!

障害負っても働こうという気力を讃えたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください