栗原類が発達障害の本出版へ「あさイチ」に再度出演で語られることは?【追記有】

kurihara.jpg




イケメンでモデルの栗原類さんが、発達障害だったというカミングアウトは
記憶に新しいですが、自身の体験を元に
「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」(KADOKAWA刊)
を発売するということを自身のブログで公表しました。
発売は10月13日頃とのことです。
栗原類オフィシャルブログ

発達障害とは

発達障害とは主に先天性の脳機能障害が原因であり。赤ん坊の頃に発達の遅れから起こるもの。精神障害や知能障害を伴う事もあり。他にも合併症を起こすこともあるそうです。

簡単に言えば脳機能が発達するのが遅れたってことなのかな?
発達障害でも病名によって難病指定受けてるのもあり

栗原さんは昨年5月25日にNHK総合『あさイチ』に出演した際に、
自身がアメリカ在住の8歳の時に、発達障害の一種である
ADD(注意欠陥障害)だったと告白しました。
ADD(注意欠陥障害)とは、ADD(注意欠陥障害)と、
ADHD(注意欠陥多動性障害)
Attention(注意)-Deficit(欠陥)/Hyperactivity(多動性) Disorder(障害)
の頭文字を取ってADHDという
ADDAttention(注意)Deficit(欠陥)Disorder(障害)の意味。
栗原さんが診断を受けたADDはHyperactivity(多動性)が無い、
もしくは少ないためADDと診断されたようですね。

「ものごとを集中してできる能力が、持続しない。」これらが強いために
ADD(注意欠陥障害)と診断されたのではないでしょうか?

そのカミングアウトがかなりの反響を呼んだので出版に至りました。
当日(5月25日)の放送では、「夫の発達障害」と題し、
主にASD(自閉症スペクトラム障害)について特集していた。

 

ASD(自閉症スペクトラム障害)とは、

 

小学校や保育園での他の子供達の怒鳴るような歌声に耐えきれなかったり
習慣を乱されると”気持ち悪くなる”とかは今でもすごく感じます。
僕が発達障害者であっても、そうでなくても僕は僕だし 僕の個性が人を笑わせられるほど面白いのであれば それはコメディ俳優を目指している僕にとっては本望です」「あさイチ」出演後自身のブログでこう綴っていた。

 

そんな栗原類さんは6月22日にも出演が予定されています。
番組テーマは先月と同じ【発達障害】についてです。
6月22日放送「アサイチ」

今回このブログを書くに当たって色々調べていて初めて発達障害について少しは理解出来ました!原因も特定出来ていない病ということで色々考えさせられました。

明日の「アサイチ」の放映も気になるところです。

 

追記:番組に出演した栗原類さんは自身のTwitterでこのようにつぶやいていました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)