【べっぴんさん】第8週「止まったままの時計」栄輔さん推し視点の感想 第46話




22日の福島県沖地震の影響で休止になった2話分を23日に放送された平均視聴率が20%超えだったそうです。1話目(第44話)が20・3%・2話目(第45話)が20・2%でした。

やはり朝ドラを楽しみにしている人が多いんですね。

坂東営業部復活の目玉として、ゆり(蓮佛美沙子)と潔(高良健吾)は、婦人服のファッションショーを計画。近江での協力体制も取り付ける。すみれ(芳根京子)たちは、そのドレスの縫製を依頼され大忙しとなる。紀夫(永山絢斗)は五十八(生瀬勝久)の説得に心動かされ、再び坂東営業部で働くことになる。やる気を取り戻したかに見えた紀夫だったが、自分が働く代わりに今度はすみれに「店を辞めてほしい」と言い出す。引用・Yahoo TV

【べっぴんさん】第8週「止まったままの時計」第46話(木曜日)感想

以前、酒の席で自分にボディタッチしてきたセクハラ親父客に人前で大恥かかせてしまった すみれの姉ゆり(蓮佛美沙子)。

伯父様。私に任せてもらえませんか?

ゆりと潔とでセクハラ親父に交渉する…

今日は私の主人からお話があります。
主人は、ほんまに情に厚くてこうと思ったらどんな障害があってもやり遂げる人なんです。

まあ長所は短所と申しますので裏を返せば…。

そないな事…。
あっ、ただ、あだ名は確か…狂犬の潔やったかしら。

脅しともとれる交渉術で成功しちゃいました(笑)

トク子(中村玉緒)「接客する身だから…
たとえどんなひどい事があっても、頭を下げなきゃならない事はある。
時には泥水をすすらないといけない時もある…
泥水も自分次第で…」

おばあ様のおかげよ。 
「泥水も私次第で湧き水に変わる。」

「変わらなね、私も…」

いよいよ坂東営業部「オライオン」の復活に向けて本格始動します。

お披露目にファッションショーを提案するゆり、その時に着るドレスをキアリスに頼みました。

売上が上がらなくて落ち込んでいたキアリスの面々には嬉しい依頼でしたね。

ここでも栄輔さん登場してました。返事だけでしたけど。

eisuke

場面

男の自分でも栄輔さんは憧れてしまいます。

ゆりはこの新作のサマードレスを手掛けることにより本来の自分を取り戻しますね。

夕飯時に紀夫からすみれに衝撃発言が…

「もう、働らかなくていい…商売は甘いもんやない」「ファッションショーが終わったら仕事辞めて家に戻ってくれ」

すみれは悩んでしまいます…

それを見かねた栄輔さん、麻田の店にいきます。

英輔さん「ちょっと外してくれへんか?終わったら呼ぶな。」

落ち込んでるすみれを見た麻田さん

嫌です!

すみれは紀夫さんに言われたことを話します。

栄輔「この仕事がすみれさんにとってどんだけのもんなんかを紀夫さんが知らんからや思うで。知ってもらう努力をせな。自分の言葉で伝える努力をせなあかんで」

ここで終わりでした。

今日の栄輔さんの登場は結構ありましたね。最後のセリフにはすみれ意外にもファンの方々もシビレタんじゃないでしょうか?

 

第8週「止まったままの時計」第47話の予告とあらすじ

※あらすじの内容は事前情報の為実際の放送とは異なる部分があるかもしれません

坂東営業部が開催する「オライオン」のファッションショーは、披露する洋服の縫製だけでなくその服を着るモデルもキアリスの面々に頼むことになります。

盛り上がる一同の中で、一人すみれだけは憂鬱でした。仕事を辞めろと紀夫から言われたことをすみれは思い詰めていたのです。

そんなすみれに栄輔は言います。その仕事が自分にとってどれほど大事なのかを紀夫に説明するべきだと。

一方、紀夫は潔からの期待に困惑していました。

潔は信じていたのです。紀夫と自分が力を合わせれば、往年の五十八と正蔵のような関係を築けるだろうと。

しかし、紀夫にはそんあ自信はなかったのです。

そんな中、坂東営業部のファッションショーをすみれ達が務めることが決まるのでした。

明日も栄輔さん登場しそうですね。

最後に松下優也で『SEE YOU』

良い歌ですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)