【PPAP】でピコ太郎が手にする大金!?音楽業界に爪痕残せるか




デイリーニュースオンラインによると

今年の「新語・流行語大賞」のノミネート候補作に入ったピコ太郎の「PPAP」。

12月7日にリリースする1stアルバムの特典があまりにもお粗末すぎると話題。

話題になっているアルバムの特典とは?
初回盤限定:①子供用ピコ太郎なりきりエプロン
      ②ピコ太郎 ヒゲ&PPAPオリジナルステッカー

先着予約・購入特典:「大人用ピコ太郎なりきりエプロン」

Official Site:http://avex.jp/pikotaro/

イラネーって声が聞こえてきそうです(苦笑)

明らかにターゲットを子供にしてますね!

「ターゲットの照準をいきなり子どもに合わせすぎると、ブームが終わる」と業界では言われてるそうですが、敢えてそれをいこうという考えなんでしょうかね。

アルバムまでリリースされるようになったのも、ジャスティン・ビーバーがビコ太郎のYouTube動画をリツイートしたことから始まったわけで、運が大きく作用してのブレイク。
まさにジャスティン様様です!

チープさが売りのビコ太郎なので、実は狙っているのかもしれないという見解もあるそうですが・・・。

動画配信の新たな収益モデルを確立か!?

先日、大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏の孫娘アラベラ・ローズちゃんがPPAPを歌う動画が流れ話題となった。現在70万回を超えている!

 

Ivanka Trumpさん(@ivankatrump)が投稿した動画

もはやアメリカ大統領家族にまでその存在が知れ渡ったということになる。

ただし、音楽業界的には大きな功績を残した。

「ピコ太郎は動画配信の収益モデルで新たな成功パターンを打ち立てた。PPAPをたとえばローズちゃんのような第三者がマネして配信し、そこでPVを稼ぎ広告表示がなされた場合、収益の分配は従来ですと考案者であるピコ太郎には還元されなかった。ところが、YouTube側が動画を解析し、権利保有者が誰であるか把握する技術が導入され、『踊ってみた』『歌ってみた』系のサイトでもきちんと利益がもたらされる仕組みになっているのです。ピコ太郎が手にする報酬は、数億円にも及ぶかもしれないですね」(週刊誌記者)

とあるが、YouTuber収益ランキングというサイトによると、ピコ太郎は現時点で137位にランクインされていた!

記事ではピコ太郎が手にする報酬は、数億円とあるが、YouTuberだけだと数億円に届くのだろうか!?

ただし、普通に芸人をやっていたのでは、ここまでの収入は得られなかっただろう。

果たしてブームはいつまで続くのか。

来年もピコ太郎として存在するのだろうか。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)