木村拓哉「無限の住人」の豪華キャスト陣が凄い!




2017年4月29日(土)から公開される、木村拓哉主演・三池崇史監督作「無限の住人

前回の記事でも触れていますが、2017年、木村拓哉には勝負の年と思われる作品の一つになる

でしょう!

この映画「無限の住人」は1月スタートのドラマ「零に挑む(仮)」と違って、キャストも決

まっていて順調に進んでいるようですね!

「零に挑む(仮)」ではヒロインが決まらなくて不安視されていましたが、映画「無限の住

人」の木村拓哉さんの脇を固める俳優陣がかなり豪華なんですよ!

映画「無限の住人」

「無限の住人」は、累計発行部数750万部を超えるコミックが原作。

【武士の一分」以来10年振りに木村拓哉さんが主演する時代劇映画「無限の住人」

木村拓哉さんは「百人斬り」の異名を持つ不死身の剣士・卍/万字(まんじ)を演じる。

作品の特徴として、主人公が「血仙蟲(けっせんちゅう)」とよばれるものを体内に宿して不

老不死の肉体を持つという設定がある。

木村拓哉さん演じる万字が最初で最後の用心棒として命をかけて守る少女・浅野凛(あさのり

ん)役に杉崎花(すぎさき はな) 杉咲演じる凜は、謎の剣客集団・逸刀流に両親を殺され、万

次に用心棒を依頼するという役どころだ。

凜の両親を殺害した剣客集団・逸刀流を束ねる天津影久役を福士蒼汰、天津を倒すべく万次に

共闘を持ちかける尸良役を市原隼人、天津が信頼を寄せる女剣士・乙橘槇絵役を戸田恵梨香

万次を追い込むほどの実力者・閑馬永空役を市川海老蔵が演じる。

また伊羽研水役に山崎努、吐鉤群役に田中泯、黒衣鯖人役に北村一輝、百琳役に栗山千明

凶戴斗役には満島真之介。とそうそうたる面々だ!!
※山崎努の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

【公式Twitter引用させていただきました。ありがとうございます。】

公式サイトでは木村拓哉さん演じる卍/万字のビジュアルが公開されています。

公式サイト➾映画「無限の住人」

公式サイトの卍/万字のビジュアル観てこれは面白そうだと感じました!

色々調べているとちょっと興味ひかれる内容の記述を見つけてしまいました!

木村拓哉 身長詐称説

時代劇の特性上、少々厄介な問題が発生しているそうです!

「身長詐称問題ですよ。ジャニーズの宣材に木村は身長176cmと記載されているが、実際は170cmない。ドラマや映画ではいつもシークレットブーツを履いて誤魔化してきたんです。その筋では有名な話で、木村ブーツといえば男性用の底上げブーツのことを指し示すんです」(業界事情通)

参考:木村拓哉Wikipedia

確かに公称では176cmとなっていますね。テレビで観てる限りでは疑うこともありませんでし

たけど・・・有名な話しなんでしょうかね?

時代劇に出演したのは2006年に「武士の一分」に出演しているがその時はどうしていたのだろ

うか・・・

「木村と絡む出演者は皆、身長が170センチ以下に限定されたんです。妻役の檀れいは162cmですからね。さらに木村のカツラは、やたら大きく少なくとも3cmのかさ上げを実現させた。ある意味、業界では伝説の映画として語り継がれているんです」(芸能プロ関係者)

参考:「武士の一分

木村拓哉の身長に関わる話は以前から都市伝説のように語られているそうだ。

さらには木村拓哉の双子説まであるそうです!

木村拓哉さんには大学でアメフトをやっていたマッチョな弟がいます!

関連:木村俊作

木村の身長に関わる話は以前から都市伝説のように語られている。有名なのが木村拓哉の双子説。木村には、大学でアメフトをやっていたマッチョな弟がいるが、“双子”とは、初耳。実は…。

「某テレビ局のドラマプロデューサーが東京・目黒の飲み屋で木村と瓜二つの男性にばったり遭遇したんです。ところが、何か違和感があったというんです。そう、いつもより身長が異様に低かった。この話を木村の関係者に話したら笑いながら『きっと双子でも見たんだろう…』と言ったそうです。後にそのプロデューサーは、アーカイブ室に左遷させられてしまったというんです」(テレビ関係者)

という記述がありましたが、完全に嘘ですね!!

双子なら生年月日が違ってますもん。確かに都市伝説ですわ・・・。

ソース:http://myjitsu.jp/archives/1619/2

 

いかがでしたか?最後の噂話しは抜きにして映画「無限の住人」には興味惹かれます。

個人的に木村拓哉さんの演技は嫌いでは無いので1月スタートのドラマと映画と楽しみです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク