たけし軍団がテレビから消えた理由とは?




一昔前は良くたけし軍団をテレビで見かけましたが、近年は全く見かけなくなりました。

10月28日に放送された「バラいろダンディ」で、お笑い芸人で浅草キッドのメンバーである

水道橋博士が、たけし軍団がテレビから消えた理由を明かしました。

番組では、BPOがTBSのバラエティー番組を審議入りした件について話題にした。

BPOに審議された件

10月9日放送のお笑い芸人が体を張ったクイズバトルに挑戦したTBS系バラエティー番組

「オール芸人お笑い謝肉祭’16秋」

問題となったのは、お笑い芸人が入浴中にさまざまなトラップにかかりながら大声を我慢する「大声厳禁 サイレント風呂」と、クイズに回答するために滑る坂を駆け上がる「心臓破りのぬるぬる坂クイズ」のコーナー。

 委員会によると、視聴者から「男性が男性の股間を無理やり触る行為などがあった。内容が下品。子供に説明できないような番組はやめてほしい」「浜辺で芸人がローション階段を全裸や下半身露出で滑り落ちるシーンが放送された。“裸になれば笑いがとれる”という低俗な発想が許しがたい」などの意見が寄せられたという。

 委員からは「委員会がこれまで何回も指摘していることが理解されていない。どのような経緯で放送に至ったのかなどを確認したい」といった指摘があり、審議入りが決まった。

 TBS広報部は「審議入りを重く受け止め、今後の審議に真摯に協力してまいります。一方で、社内調査でも独自に検証を進めてまいります」としている。

BPOの審議の対象となったのは、番組内のコーナー「大声厳禁 サイレント風呂」「心臓破りのぬるぬる坂クイズ」のふたつ!

視聴者からの苦情は「裸になれば笑いがとれるという低俗な発想が許しがたい」と批判が寄せ

られた為だという。

BPO(放送倫理・番組向上機構)

放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関です。
主に、視聴者などから問題があると指摘された番組・放送を検証して、放送界全体、あるいは特定の局に意見や見解を伝え、一般にも公表し、放送界の自律と放送の質の向上を促します。※BPOホームページ

要は視聴者などから問題があると指摘(苦情)された番組・放送を検証して、放送界全体、あるいは特定の局に指摘や見解を伝え、一般にも公表し、放送の質の向上が目的。
こちらに公開されています→視聴者のご意見

関西テレビでもBPOに指摘された番組を検証して対応を放送してますしね。
カンテレ通信

 

「バラいろダンディ」に出演していたタレントの泰葉は

enn1307061459009-p1

出典:泰葉

昔からバラエティって裸多くなかったですかね?」

「(ビートたけしの)お笑いウルトラクイズなんてみんな素っ裸でしたもんね」

とコメント。

「たけし軍団は裸が正装。パワハラ・セクハラを中心とした芸能活動なんです」

水道橋博士はたけし軍団の方針をこう述べた。

その為、現在はたけし軍団の仕事が激減したといいます。

裸による笑いを嫌う世論と噛み合わないんですね!

当日は、この番組は観てませんでしたが、先程観たら昭和の番組を思い出しました!

石橋貴明☓BPOのガチ喧嘩。

cb7ac100aa4a8ae0800443baa94caa3e

出典:石橋貴明

 

番組のメイン司会を務めた石橋貴明さんは番組放送前に、

バカバカしい、くだらない笑い」と番組の特徴を語った。ドリフターズの

笑いを引き合いにしつつ、「閉塞感が全てにおいてテレビをつまんなくしちゃ

っている気がします」とコメントしていました。

「オール芸人お笑い謝肉祭’16秋」は石橋貴明さんが並々ならぬ意気込みで取り組んだ番組。

ハナっからBPOと喧嘩する気で作った番組だといいます!

長年、石橋貴明さんは「自主規制だらけのテレビ界に一石を投じたい」という気持ちを持って

いました。どれだけ警告を受けてもテレビ局が許す限り「超低俗番組」を作っていく!

石橋貴明さんが干されてしまうか!

テレビ業界が変わるか!

この先が注目されますね!!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください