内村光良渾身の一作!「金メダル男」




R25という情報提供サイトが2015年に20~30代男性会社員200人を対象に行った調査

「小説を書いてほしい芸人」の第1位に内村光良が選ばれました。

関連:http://r25.jp/entertainment/00043904/

今年、約20年ぶりの長編小説を発表。

内村光良「いやホントに恥ずかしいことで…。もう稚拙な文章ですみません」

謙遜しているが、自身の監督で映画化もされた。

「金メダル男」

不思議な流れでここまで至りましたね。一人舞台の脚本として2011年にこれを書いて、映画化したらいいなと思って、『ボクたちの交換日記』(内村光良監督作品)のプロデューサーに思い切って渡してみたんです。そうしたら一回保留になって。あはははは! でもなんかまた復活して。ああ、やった!って思いましたね」

そう内村光良は語る・・・。

当初から映画化は考えていたといいます。小説にした経緯は、舞台の脚本として執筆していた

時に読売新聞の連載にと声を掛けられた。一人舞台の脚本が小説になり、やがて映画に。とん

とん拍子に進んだという。読売新聞での連載は4月から始まっている。

【映画】「金メダル男」

「ウッチャンナンチャン」の内村光良が3年ぶりに手がけた監督作で、原作・脚本・主演も務めたコメディドラマ。2011年に東京・サンシャイン劇場で上演された内村の1人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに、あらゆる一等賞を獲ることに挑み続ける男のおかしくも切ない人生を描く。東京オリンピックで日本中が盛り上がる1964年、長野県塩尻市で生まれた秋田泉一。小学校時代に徒競走で一等賞になり、一番になることの素晴らしさを知った泉一は、絵画から火おこしまで様々な大会で金メダルを獲得していく。いつしか「塩尻の神童」と呼ばれるようになった彼は、その後もすべての金メダルを獲るべく奮闘を続けるが……。内村扮ふんする主人公の青年時代を「Hey! Say! JUMP」の知念侑李が演じるほか、共演にも木村多江、ムロツヨシ、笑福亭鶴瓶ら個性豊かなメンバーが集結。
引用:映画.com

主人公を内村自身が務めることについて・・・

内村「自分でやったのは、ほかの人が演じたら撮影が始まって嫉妬しちゃうだろうから。でも若いころは違う人でやっておこうと」

結果的にそれは絶妙なキャスティングだった。スクリーンで見ると、知念とウッチャンは非常

によく似ていることがわかる。ちなみに主人公の秋田はウッチャンと同じ年の生まれという設

定だ。自身を投影している部分も大きい。

一等賞をひたすら目指すのはオリジナルの部分ですが、剣道部の女の先輩にクラクラきちゃう

ところは内村自身の経験だといいます。上京して劇団和洋折衷に入るところも、当時内村が入

っていた劇団(シャララ)を思い出して作ったそうだ。

レギュラー番組やバラエティ番組のMCの仕事の傍らで執筆、舞台、監督制作に取り組んだ。

それだけに思い入れの強い渾身の一作だといいます。

過去に監督を手がけた映画「ピーナッツ」「ボクたちの交換日記」も、頑張る男が世間に揉ま

れ、埋もれ、あがくストーリーだ。

内村「結果そうなっていますよね。なんにも考えていないんですけど、転がり続けている男の話が得意なのかもしれないです。僕には女性目線の映画は撮れないし、ホラーも無理。結局こういった感じのテイストになっていくんだろうなって。スッキリした気持ちで映画館を出てほしいじゃないですか」

優しさの鬼が声を荒らげながら作った、渾身の一作

プロデューサーと意見の対立をしたことも、このカットがいるいらないとか、揉めたこともあ

ったそう・・・。

映画に出演した木村多江は・・・

木村「こんなに怖い内村さん見たことない」映画宣伝VTRで話していた!

その件に対して内村光良は・・・

はははは! 言ってましたね。コミカルな部分は自分の本職だし、言い逃れできないじゃないですか。そのあたりは多江さんが関わるシーンが多くて、結構テイクを重ねて、ピリピリしていましたからね。ただ多江さん、随分盛ってると思いますよ! そんなじゃない。あはははは!」

 

内村光良のプロフィール
teruyoshi_uchimura

出典:r25.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本名:内村光良(うちむら てるよし)

愛称:ウッチャン、テル、チェン

生年月日:1964年7月22日(52歳)

出身:熊本県人吉市

妻は元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美。

1985年、横浜放送映画専門学院の同期である南原清隆と、ウッチャンナンチャンを結成。

年『お笑いスター誕生!!』の第7回オープントーナメントサバイバルシリーズ優勝。「LIFE!

~人生に捧げるコント~」や「世界の果てまでイッテQ!」など、レギュラー多数。

ウッチャンが手がける作品は面白いものばかりで毎回楽しませてくれますよね♪

今回の「金メダル男」もヒットすること間違い無しですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)