SMAP国民的アイドルは嘘だった!?




2016年内に解散することを発表した国民的アイドルグループのSMAP。老若男女に愛され、日本を代表する芸能グループでもある。

よくSMAPを紹介する際に「国民的アイドル」という敬称が使われるが、SMAPは「本当に国民から愛されているの?」、「本当に国民から人気があるの?」という基本的な問いに一つの疑いが生じた。

人気を知るには?

芸能人の人気を測るデータは様々ありますが、最も有名なのはビデオリサーチによる「タレントイメージ調査」ではないでしょうか。

調査結果は年2回発表されていて、満10歳~69歳までの男女個人にアンケートをとり、ランキングで発表されています。2016年9月29日には、2016年8月調査の結果が発表され、男性部門のの順位は・・・

1位は俳優の阿部寛2位はメジャーリーガーのイチロー3位はお笑い芸人の明石家さんまとタレントのマツコ・デラックスという結果でした。

2016年2月度調査と合わせた2016年度ランキングのベスト50には、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のSMAPメンバー5人は誰一人ランクインしていなかった。
参考:ビデオリサーチ男性タレント人気度上位50

2015年度ランキングのベスト50では、中居が41位、木村と香取が45位で、稲垣と草なぎはランク外。2014年の2月期と8月期のベスト20では、全メンバーランク外。2013年でも同様の結果だった。参考:ビデオリサーチ男性タレント人気度上位50

この結果だけ見ると、なーんだ人気無いんじゃんで終わりですね。しかしながら、ただランキ

ング外になった結果が判明しただけではないんです。

結果で、同じジャニーズ事務所所属の後輩たちに人気ランキングで負けていることが、わかる。

2016年度のベスト50には、

嵐の相葉雅紀が16位、V6の岡田准一が24位、嵐の櫻井翔が25位、嵐の大野智が31位、

嵐の二宮和也が34位、TOKIOの長瀬智也が38位、V6の井ノ原快彦が47位。

2015年度のベスト50では、

相葉雅紀が22位、岡田准一が23位、大野智が24位、櫻井翔が28位、二宮和成が43位。また、嵐の櫻井相葉はSMAPメンバー全員がランク外だった2014年度と2013年度にもランクインしていた。

さらに調べてみると2011年には既に圏外だったようだ。

 

「ポスト・SMAP」と称されている嵐にまさかの完敗となってしまったSMAP。イメージ低下の影響があったとされる2016年ならまだしも、2015年調査では、まだSMAPの解散話は表面化していない。このデータから見ると、一般人からはSMAPよりも嵐の方が人気があったことがわかる。

 確かにSMAPは、これまでジャニーズの常識を覆し、数々の記録も築き上げてきたため、一概には言えないが、これも一つの客観的データであるといえるのではないだろうか。

こんな結果で、国民からの人気が得られていないのに国民的アイドルと言われているのは不思議だと思いませんか?

関連:ビデオリサーチ男性タレント人気度上位50

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

感想やご意見もお待ちしています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください