【解散】ゲスの川谷絵音が未成年飲酒黙認して事実上解散!?




タレントのベッキーとの不倫騒動を機に5月に離婚した川谷絵音がボーカルを務める、所属するロックバンド「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」が発表されている公演日程の終了後に活動を自粛することを発表した。

活動自粛に追い込まれた経緯

9月の下旬に週刊誌(週刊文春)で報じられた川谷の新恋人タレントのほのかりん(19歳)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000009-tospoweb-ent

出典:yahoo.co.jp

ほのかりん 本名は非公表 1996年10月4日(20歳)川谷絵音との交際を報じられた時は未成年であり知り合ったのもバーで知り合い交際に発展し現在は半同棲だ。知り合った場所がバーであることからも飲酒の疑惑も生じた!

その後ネットで大きな騒動に発展する中、ほのかの所属事務所が未成年飲酒を認めた!

スキャンダルの影響で、ほのかが出演する舞台「Luna Rossa」とレギュラー出演中のNHK・Eテレ「Rの法則」の降板が決定した!

川谷絵音といえば、今年1月にタレント・ベッキーとの不倫スキャンダルが週刊文春で報じられ、一大騒動に発展。ベッキーは、芸能活動休止に追い込まれてしまった。一方の川谷は、公式会見を開くなど説明責任を果たさないまま音楽活動を継続。その後、2人は破局。川谷は離婚したことを発表した。

不倫スキャンダルの時も説明や謝罪を行わず、うやむやにした。その後は当然、川谷への責任を問う声が上がりました。その代償は重い!

この事態を重く受け止めた結果、活動自粛および休止の決断に至った。

 

復活!?

その後、両バンドの公式サイトにて告知

「ゲスの極み乙女。」および「indigo la End」活動自粛のお知らせ

平素は「ゲスの極み乙女。」および「indigo la End」をご支援頂き誠にありがとうございます。
この度誠に遺憾ながら、弊社所属アーティストであり、「ゲスの極み乙女。」および「indigo la End」のヴォーカリストである川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました。
このことを重く受け止め、両バンドともに、現在すでにご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛することとしましたのでお知らせいたします。
川谷が起こした上記事実の重大性を踏まえ、川谷、両バンドメンバー及びスタッフで協議をした結果、このような決断に至った次第です。

ファンの皆様および関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

平成28年10月3日
株式会社スペースシャワーネットワーク
ゲスの極み乙女。公式サイト ※indigo la End公式サイト

両サイト共に川谷絵音がこう書き加えている

いつもゲスの極み乙女。、indigo la Endを応援して下さっている皆様へ。

この度、わたくし、川谷絵音が未成年者と飲酒を共にしたという事実が報道されました。
僕の軽率な行動によりファンの皆様を失望させてしまった事、活動を共にしているバンドメンバーや関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛け致しました事を深くお詫び申し上げます。
この事実を深く反省し、ゲスの極み乙女。、indigo la End両バンドとも現在ご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛させて頂く事に致しました。

ゲスの極み乙女。、indigo la Endの音楽を楽しみに待ってくれているファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

心よりお詫び申し上げます。

2016年10月3日
川谷絵音

まあ当然ですね!

相手が未成年者と知った上で法律上の問題はないのか?

『未成年者飲酒禁止法』という法律があります。親権者または親権者に代わって監督する人は、未成年者の飲酒を止めるべきだと定めています(同法1条4項、2条2項)。これに違反した場合、科料(千円以上1万円未満)になります。

また、バーなどの営業者が、成年者に酒を提供した場合、50万円以下の罰金ということもあります(同法1条3項、2条1項)」

今回のケースように、同棲するような交際相手の場合、『親権者または親権者に代わって監督する人』にあてはまらないだろうか。

結論からいいますと、交際相手はこれにあてはまらないと考えます。
※冨本和男弁護士談

未成年者飲酒禁止法は、飲酒による未成年者の心身への悪影響から未成年者を保護するための法律です。

親権者または親権者に代わって監督する人(この場合川谷絵音)に未成年者の飲酒を止める義務があるとされているのは、こうした人たちは、未成年者の生活面全般にわたって監督できる立場にある以上、未成年者の飲酒を当然止めるべきと考えられるからです。

未成年者の飲酒と止めなければいけない親権者に代わって監督する人は、親権者から依頼を受けて未成年者を監督する人や、事情によって親権者が未成年者の側で監督することができない場合、親権者に代わって未成年者の生活全般にわたって監督できる人のことだと考えられます。

例えば、家出中の未成年者を同居させているような場合であれば、親権者の監督がまったくおよばない為、同居させている人が親権者に代わって、生活全般にわたって監督すべきといえる。

これに対して、親権者の監督がおよぶ未成年者を半同棲させたにすぎない場合、年齢差はあれど、恋人として対等の立場にあり、いつ出て行って自宅に帰ってもおかしくない人を同居させているわけですから、そこまで監督できる立場にはないと考えます」
引用元:(弁護士ドットコムニュース)

今回は川谷絵音は法律上には罰せられないが、社会的には相当の風当たりは激しくなると思われます!

今回の事態を重く受け止めて活動自粛及び活動休止を決定したが、不倫騒動からのイメージは相当悪いはず!

こうした社会的イメージを受けた例は今回だけでは無い!!

活動自粛及び休止=解散へのふせんになるだろうと考えられる!

もしくは。川谷だけを脱退させて他のメンバーだけで復活も有り得るのでは。

ほのかりん

神奈川県出身で、2011年から雑誌「ニコラ」専属モデルの通称・ニコモとして活動を開始(2013年4月に卒業)。同年12月から「Rの法則」にレギュラー出演している。(今回の件で降板)

仮面ライダー出演時(左) リアル鬼ごっこ出演時(右)

仮面ライダー出演時(左)
リアル鬼ごっこ出演時(右)

 2012年4月、「仮面ライダーフォーゼ」に出演してドラマ初出演すると演技にも興味を持ち、映画「リアル鬼ごっこ」ではハツ役として好演するなど複数の舞台や映画にも出演。

 

皆さんはどうお考えですか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください