【斬新】紅茶の新しい淹れ方 ノー・モア・ティーバッグ




紅茶文化が盛んなイギリスで、ティーバッグがいらないスプレー式の商品

「ノー・モア・ティーバッグ」

が発売されたと9月20日に、ロイター通信が報じた。
ロイター通信:http://jp.reuters.com/article/nomoreteabags-idJPKCN11Q11A

どのようなものかというと・・・。

ノー・モア・ティーバッグは濃縮タイプの紅茶の原液をスプレーでカップに噴射し、お湯や牛乳を加えれば完成するお手軽なもの。スプレー1缶で約20杯の紅茶を入れることが出来るそうだ。フレーバー(香り)はイングリッシュブレックファースト、アールグレイ、ジャスミンの3種類から選べるそう。

 

開発経緯は?・・・

販売を開始したのは飲料メーカーの「Yum Cha Drinks」という会社。

Yum Cha Drinksの代表いわく、「もっとおいしい紅茶を飲もうとした結果」このようなかたちになった。これによって「紅茶を入れたあとの、しずくが垂れるティーバッグを捨てる手間が省ける」と語っている。

確かに、しずくは垂れますが、垂れない様に受け皿を使ってますよ。

案の定ネットでは様々な意見が・・・

手軽で美味しく飲めるのはいいのかもしれないけど…なんだかなぁ

紙媒体より電子化された本に価値を見出された時のような違和感

エレガントじゃないなあ…それに『○○の時代は終わり』とか言われて実際終わった例があまり無いw

なんか優雅さが失われて好きじゃないなぁ~

トイレの消臭スプレーみたいで嫌だなぁ

皆さん、違和感持ちまくり!!

紅茶と言えばあの人を思い浮かべてしまいます!

「杉下右京に目を丸くしておやおやと言って欲しい」
「右京さんがこれ使って紅茶入れだしたら、相棒は確実に終わるな」
「右京さんはこれじゃなくて今のスタイルを貫くだろうな。でも1回は試しそう」
「右京さんとかがスプレー缶で紅茶淹れてたら興醒めだよ笑」
「これはぜひ右京さんのご意見を伺いたい」

と、紅茶好きで知られる人気ドラマ『相棒』の主人公・杉下右京を思い起こす声が多く上がった。ドラマでは、紅茶のポットを高く持ち上げ、カップに注ぐ姿が度々見受けられ、ファンの間では親しまれている。

この商品に対して相棒の中でも挑戦してみて欲しいものだ。

でも右京さんには使って欲しくないな~・・・

やっぱり優雅さに欠けると思ってしまいます!

皆さんはこの商品はどう思われますか?

開発メーカー→HP

No More Tea Bags→HP

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください