SMAP・木村拓哉がマツコと共演NGの裏事情




SMAP解散報道以来、グループ解散の火種とも報道されてしまい、人気がガタ落ちの木村拓哉さん。

所属事務所のジャニーズ事務所が人気回復の秘策として木村拓哉のバラエティー進出を考えて

いるようです!

更に秘策として高校の同級生であった、マツコデラックスとの共演プランを考えている。

この共演事情に詳しい人なら「ん?」と思ったでしょう。

共演NGじゃなかったの?

木村拓哉とマツコは同じ高校で同級生なのは有名な話です。しかし、マツコがマツコデラックスとして本格的にテレビに出るようになってからは共演は無く、業界の間ではタブーとされてきた!

しかし2015年11月16日放送の「SMAP×SMAP」では木村自身の口から語られた。

木村拓哉は1年間ほど千葉県の高校に通っていたときに、マツコも同じ高校に在籍していたと告白。マツコと会った際、その件について

マツコ「ねぇ、聞いてるでしょ?

木村「同じ学校だったんでしょ?
  「でも、ごめんね。俺、どいつがオマエになったかわかんねぇ!

マツコ「そこはそのままでいいわ

番組放送翌日に、エライことになっていると感じた木村拓哉は

「うわ~、ちょっとこれマツコに迷惑かけたかな」と思ってマツコにショートメールを送る。

マツコに「スマスマの発言でなんか迷惑かけちゃってたら、ごめんな」と送ると・・・

「全然問題ないよ~ そういうとこ、好き」と返事が返ってきたと木村自身のラジオ番組

「木村拓哉のWhtat’s UP SMAP!」で語っていた。

結局のところ周りが勝手にタブーとしていただけのことだったんです。

しかしこんな事情もあった。

ジャニーズの決まりごと?

実は、ジャニーズはオネエタレントとの共演はNGだった!

しかし、2000年後半にはこのようなルールも緩くなり、現在では共演は活発になってます。

木村拓哉には未だ古いジャニーズのこのようなルールが適応されていたのか、本人同士が希望していたとしても表向きには共演は出来なかった!

ところが、一連のSMAP解散騒動で木村の評判は急降下してしまい。木村主演のドラマでも視聴率は取れないだろう、そこでジャニーズ側は、この状況を打破しなければならなくなった。

とりあえず、木村拓哉のみのスペシャル番組で様子見し、その結果次第では、マツコとの共演のレギュラー番組が生まれてもおかしくないでしょう!

これが実現化すれば各局の間で木村拓哉とマツコデラックスの争奪戦になるのでは。

最初はお互いギクシャクするでしょう。

 

木村拓哉の人気回復に助け船を出すのはマツコだけでは無い?

木村と共演させて人気回復案はマツコデラックスだけでは無いようだ

木村拓哉の妻はあの工藤静香だというのは有名だが、夫婦共演のプランも挙がっている。

しかし、SMAP解散騒動で木村拓哉だけではなく工藤静香も夫婦揃って裏切り者扱いされていてお互いの人気も急降下状態で共演プラン自体消滅してしまっている。

「ジャニーズ事務所は木村工藤をバラエティに出すことで家庭的なイメージを発信し、好感度に繋げようと考えていた。」

そこでマツコデラックスの名前が挙がってきていた。

さらに助太刀しそうなお笑い界の大物?芸能界に存在する”木村派”の大物著名人

木村拓哉単独によるバラエティ進出は、来年にも何らかの番組で解禁できるよう調整が進めら

れている、そこで大きな役割を果たしそうなのが明石家さんまの存在だ。

 

さんま木村公私ともに仲が良い。SMAP解散騒動の中で、さんまはテレビやラジオ番組を通じて木村にエールを送り続けてきた。つい最近も、『さんまのお笑い向上委員会』で

俺は木村派』と明確に宣言しています。これは決してパフォーマンス的な発言ではなく、本心だろう。

さんまさんは還暦での引退をほのめかせていたが、木村拓哉の人気を取り戻すまでは、現役で頑張るつもりだといいます。

さんまさんは周囲に対しても、木村の好感度を取り戻すことは『自分に残された最後の仕事』とまで話している。

現状は、マツコデラックスとの共演より明石家さんまとの共演のが実現しそうだ。

明石家さんまとマツコデラックス以外にも、メル友として交流を続けている爆笑問題の太田光のほか、親友関係にある元サッカー日本代表の中田英寿の名前まで挙がっています。

いずれにしても、共演で木村拓哉の人気回復に願いたいところですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)