高畑裕太容疑者の名前には実父の暗号が組み込まれていた!!




9月1日発売の「週刊文春」「週刊新潮」で既報の通り、高畑裕太容疑者の“本当の”父親はやっぱり人気ドラマ「相棒」シリーズで三浦刑事を演じた大谷亮介だった。大谷も所属事務所を通じて「高畑裕太さんは私と高畑淳子さんの息子です」と認めた!
3wQfVu02uRcTHEN1472879337_1472879403

改めて説明すると、高畑淳子には2度の離婚歴があった。高畑裕太容疑者と姉の高畑こと美は

2度目の夫の子となっていた。しかし、実際は違っていた・・・。高畑こと美は2度目の夫の

子供で間違いないが、高畑裕太容疑者は母・高畑淳子が2度目の夫と別居後、大谷亮介と5年

半の事実婚状態になった時に妊娠した子供であることが明らかになった。

関連:高畑裕太容疑者の父親は相棒出演俳優だった!!【家系図有り】

 

高畑裕太の名前を分解すると・・・

「裕」「太」を分解すると

高畑淳子はこんな秘密を今までひた隠しにしてきた、実はこの秘密は大谷亮介が主に活動している舞台の関係者には、周知の事実だった。

大谷亮介は大学在学中の1977年にオンシアター自由劇場に入団し、同年10月の『風吹がらす疾送記・異説のすかい・おらん』にて初舞台。後に大学を中退し芝居の道へと進んだ。

1986年、余貴美子らと共に役者集団東京壱組を旗揚げ。

1993年、独身の大谷涼介さんに子供ができましたが、それが高畑淳子との間の不倫の子なのは、劇団員の中では有名な話だった。その証拠に、大谷さんは高畑裕太君の中に自分の分身であるかのようにある暗号を潜ませました。『裕太』を分解すると『衤』『』『』『、』となりますが、コッソリ『大谷』の2文字を埋め込んだのです」

幼い頃に離れ離れになったというのに・・・、まさかそんな暗号を秘められていたなんて
切なすぎます。今回の事件の一報を聞いた時には非常に驚いたことでしょう。

大谷亮介さんは相棒のイメージがあると思いますが、NHKの大河ドラマ「新選組!」「軍師官兵衛」にも出演されてました。大谷亮介を知る人は舞台役者といいます。芝居一筋の役者バカとも。

大谷亮介さんのプライベートはというとざっくり言ってしまうと自由人だと言われます。

過去には大谷涼介の周りには常に女性がいたということです。しかし、ほとんどが芝居に熱中する故でのこと。高畑淳子との関係も不倫というよりは役者としての『同志的つながり』の方が強かったみたいですね。敵をつくることがない人だったので、裕太容疑者、出生の秘密もこれまでバレずに伏せてこられたんじゃないでしょうか。

この先、大谷亮介自身から息子である高畠裕太容疑者のことについて語られる日がくるのか。

 

スポンサーリンク