パラリンピックに初出場の佐藤圭一のプロフィール




国際パラリンピック委員会(IPC)は7日、リオデジャネイロ・パラリンピックからロシア選手団を除外することを決めた。ロシアが国家主導のドーピングを行っていたとする報告書が先月提出されたことを受けた。関連:BBCニュース

これにより追加参加選手の補充が行われました。

日本には、3競技・4選手の参加について打診がありました。

柔道:半谷 静香(女子48Kg級)
   石井 亜狐(女子52Kg級)

パワーリフティング:三浦 浩(男子49Kg級)

トライアスロン:佐藤 圭一(男子PT4)

この追加選手の中で、佐藤 圭一選手のプロフィールなどを調べていこうと思います

 

佐藤 圭一選手のWiki風プロフィール

佐藤圭一(さとう けいいち)

生年月日:1979年7月14日(37歳)

出生地:愛知県

身長:165cm

所属:エイベックス・グループ・ホールディングス 株式会社

オフィシャルブログ→ameblo.jp

オフィシャルホームページ→http://www.satokeiichi.com/

佐藤圭一Twitter→@KUROKANOUJI

佐藤圭一Instagram→kurokanouji

佐藤圭一Facebook→@kurokanouji758satokeiichi

 

先天性形成不全による左手関節部欠損の障害を持って誕生した。競技を始めたきっかけは、19歳の時に長野パラリンピックで日本人選手の活躍を観て、自身も競技者として歩む決意をしました。しかし経済的にも厳しく一時は競技者としての道を諦めた時期もありましたが、競技に対する強い想いから勤めていた会社を辞め脱サラし2005年5月に1年間単身カナダへ。帰国後は数々の大会で経験と実績を積み2007年には念願の日本ナショナルチーム選手(B指定選手)へのメンバー入り。2010年バンクーバー・2014年ソチパラリンピック出場も果たし、次の目標はW杯、2018年平昌パラリンピックでのメダル獲得。またトライアスロンにも挑戦!

 

主な戦績

2014年 ソチパラリンピック バイアスロン7.5km 13位、
     バイアスロン12.5km 10位、バイアスロン15km 10位

2016年 ASTCアジアパラトライアスロン選手権2016 優勝

さらに・・・http://bluetag.jp/contents/athlete/no0074.html

 

佐藤圭一選手 リオパラリンピックに出場出来ることになってのコメント

一度は諦めたリオデジャネイロパラリンピックの道ですが、パラリンピックで世界の選手と戦える舞台に立てた事は、大変嬉しく思います。従来のスキー競技に加え、パラリンピックへの挑戦をし続けたい。という思いから、今大会の出場を目標にし、2年前よりパラトライアスロンのレースに無我夢中で参加してきました。まだスタートラインに立ったばかりですので、全身全霊を懸け、大会では全ての力を出し切るレースを行いたいと思います。
出典:エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

競技日程  9月 10日
          

佐藤圭一選手、リオパラリンピック出場おめでとうございます!

応援させていただきます。頑張ってください!

スポンサーリンク