【ネタバレ】とと姉ちゃんで古田新太が悪役で再登場!!




俳優の古田新太(50)さんが、現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演する!

古田新太さんと言えば、高視聴率を記録した、2013年放送の連続テレビ小説「あまちゃん」
では、主人公に関わる重要な人物の一人として出演していました。

出典:http://livedoor.blogimg.jp/niwanonic-ama/imgs/d/e/def8f9e0.jpg

出典:荒巻太一

 

 

 

 

 

 

 

「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎮子の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった常子(高畑さん)が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく…という物語。

 

古田新太の役どころは?

古田さんは、従業員250人を抱える電化製品メーカー「アカバネ電器製造」のたたき上げの社長の赤羽根憲宗、製品を安価に売ることを第一に考えるクセの強い役を演じるようだ。
関連:http://www.nhk.or.jp/totone-chan/cast/?ref=gnav

主人公の小橋常子達が出版する雑誌「あなたの暮し」の新たな敵?

商品試験結果で自社製品の評価が低かったことに激怒する新たなメーカーの役どころのようです。「あなたの暮し」編集部を恨み、本気で妨害にかかるという役から今回は笑い無しの完全な悪役としての出演だ!

アカバネ電器製造の社長、赤羽根憲宗は戦争に行って帰ってきて、町工場を企業にまでのし上げた人物である。「おめえら、邪魔する気か!」みたいに本気で、結構重たい感じの役だといいます。

今回の役について古田新太さんは

「唐沢(寿明)さんと(高畑)充希の前に立ちはだかる役なので、面白そうだなと思いました」

悪役だが、「赤羽根には赤羽根なりの信念がある」と古田さんは解釈する。

読者の暮らしを守ろうとする常子達と同じように、安い値段で買いたい庶民のために物を売る

赤羽根社長。古田さんは「一代でこれだけの従業員を抱えるようになったのに、『あなたの暮

し』ごときに批判されて物が売れなくなるってどういうことだ、と。こっちにはこっちの正義

があって」と説明し、「小橋(常子)社長が編集部員を守りたいと思っているように、赤羽根

社長も従業員を守りたいと思っている。いろんなものが使えて食べられる、という幸せを手放

したくない、みんなにも幸せになってほしい。だからヤツらが許せない、と。そういう信念を

持った人なんだろうなと解釈して(役を)作ってます」と思いを語る。
転載:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000033-mantan-ent&p=2

 

高畑充希に「お前たたきつぶしてやる!」

古田新太さんと常子役の高畑充希さんとは旧知の仲だそうです。以前、舞台で親子役を1本やってたそうで、そのときに仲良くなったそう。今回も初めて現場に行ったときに、充希がなついてたから」しかし、今回はある意味敵対する役なので・・・あまりにもなつくからと
「お前たたきつぶしてやる!」と言ったんだそうです。

なんとなくその時の雰囲気が想像できそうなエピソードですよね。

 

今回のとと姉ちゃんでの役柄上、お笑い要素は感じられないが、今回も物語の重要人物になるのは間違いない!

アカバネ電気が登場するのは、第22週8月29日(月)~9月3日(土)あたりだということです。

おそらく、9月1日(木)に常子達の前に現れるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク